当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« ポルフィの長い旅 第23話「ひび割れた人形」感想 | トップページ | S・A~スペシャル・エー~ 第11話「彼女・彼氏」感想 »

2008年6月16日 (月)

図書館戦争 第10話「里帰リ、勃発」感想

 図書隊の次の任務は、茨城で行われる県展です。しかし、
茨城と言えば郁の故郷。郁にとっては、里帰りなのですが
両親に図書隊にいることを秘密にしているため、大ピンチです!!
 郁の慌てぶり、大変なものですね。coldsweats01よりによって、半径5
キロ圏内に実家houseがある場所とは。郁が東京へ帰りたがるのも
当然です。以前、両親が見学に来たときも大騒動でしたよね。

 柴崎と電話で連絡しあう手塚、この二人今は意識して
なさそうですけど、なんかこのまま付き合ってもおかしく
なさそうな感じですよ。heart04
 柴崎のほうは意外と気があるのかも?無事に帰って来いって
言ってるの、とか言ってますし。

 茨城についたもののこっちの図書館は、あまり関東図書隊
を歓迎してません。sad対話第一で、防衛のための隊は配備を
要請してないのだとか。菅原館長の力が強く、誰も逆らえ
ないのです。sweat02
 女子は郁ひとりなので、もちろん女子寮への宿泊は郁のみ。
郁は女子寮にいるほかの人たちには、歓迎されず早速嫌がらせ
を受けてしまいます。annoy
 なんでも、女子たちにはローカルルールがあって、食堂restaurant
お風呂spaもすべて業務部が先、防衛部の女子はあとはなのです。
とくに女子は業務部のほうが人数が多いため、防衛部の女子
は逆らえないのだそう。pout郁が受けた嫌がらせも防衛部の新人
女子が必ず受けるものだと、郁は防衛部の野々宮から聞きます。
 ありそうな話ですね。郁ならなんとか乗り越えられそうな
気がしますけど。

 茨城の防衛部を鍛えなおすことにした、図書隊。基準が郁
なのには、笑ってしまいました。coldsweats01しかも、入隊時か今かで、
今って…。ギリギリつかいものって言われてますよ。

 一方、郁へのいじめは次第にエスカレートしていき、
さすがの郁も精神的に参りはじめていました。weep
 洗濯物を台無しにされた郁は、仕方なくコインランドリー
へ持って行く途中、偶然堂上教官に会います。女子寮での
ことを話したのか、堂上教官は郁を心配しています。
 この時の教官、カッコ良すぎですよ。heart04
「ちょっとだけ、いつものしてください。」いつものって何?
堂上教官、郁を抱きよせてますよsign02heart04え、この二人、いつの間
にこんな関係になったの!?lovely前回までは、まだそんな様子
なかった気がしますが。

 その頃、外では業務部の女子が防衛部の女子に、郁の弱味
を聞き出そうと脅迫しています。昼間、うっかり実家には
知られたくないと話してしまった郁、これが業務部に知られ
ることに…。wobbly
 翌日、早速誰かが流した情報を元に郁の実家へ連絡が
あったらしく、母親がすごい剣幕で郁を怒ります。annoy
堂上教官の提案で、父親に連絡して母親を迎えに来てもらう
ことに。電話をもらって、現れた父親。家族3人で、話し合い
ます。その時、意外な事実が。なんと、郁が小さい頃
父親とロッククライミングの真似ごとをしていて、郁が転落
して頭を打ち、後ろにハゲを作ってしまったのだとか。coldsweats01
それが父親のせいだと思っている母親は、郁を危険な目に
あわせたくなかったのでした。sad
 なんとか、母親を説得できてよかったですね。でも、
ハゲはかわいそうですけど、髪で隠れるし何より命が無事
だったことに感謝しなくてはいけません。sweat01

 そして、すべてを知った郁は、業務部の女子たちを一喝。
この時の郁、カッコイイです。
 おかげで業務部と防衛部の女子は食堂もお風呂も、
同時に使えるようになりました。happy01

 せっかく業務部と防衛部が仲直りをしたと思ったのに、
夜の高速道路をあやしげなトラックが走って行きましたね。
あの菅原館長、まだ何かたくらんでいるのでしょうか。

« ポルフィの長い旅 第23話「ひび割れた人形」感想 | トップページ | S・A~スペシャル・エー~ 第11話「彼女・彼氏」感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。

柴崎と手塚のふたりのやりとりは、郁&堂上のふたり以上におもしろいので好きです。
ぜひくっついてもらいたいです!

…でも手塚の方が、まだ柴崎に意識してないようですね。
なんか郁と同じで、そういうのにはニブそうなカンジなので時間はかかるかな~?(>_<)

あ!あと柴崎が何気にツンデレだったのには、驚きましたよ。(笑)

タンポポさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

柴崎と手塚の組み合わせは、意外でしたよね。ぜひ、カップルになってもらいたいです。ホント、郁と堂上よりおもしろいですよ。郁たちも、楽しませてもらってますが。
いつも、堂上とあんなことしてたのですね、うらやましい。heart04

確かに、柴崎がツンデレだったのは驚きです。そんなふうに見えないのに。

また遊びに来てくださるとうれしいです。

こりゃ、他館の関係者のしていることは
大人の世界の虐めですね。

バック・トゥー・ザ・フューチャーでも
”G・マクフライ”も学校で背中に
「僕を蹴ってくれ!」と文章を張られ、
他の男子生徒たちからキックをもらい放題と
似ていますね。

・まだしも許せる
 ボソボソ悪口を言う

・許せない
 持ち物を手荒に扱う
 制服を汚す
 倉庫などに幽閉する
 手紙で「水戸から去ね!ハゲゴリラ
 (幼少期の事故の傷のことを知っていて・・・、
  しかも動物なんて・・・、)
 パープリンカボチャ」と手紙を書く。
 おまけに、「鏡に映したら、鏡を粉々にするブス」まで
 書かれたら大ダメージですね。
 こりゃ、トップをねらえ!の女の子と同じ目に遭っていますね。

郁もいつか敵と同じ手段で仕返しできればいいのですのにね。
また、最悪の場合郁は、「この世に生きてても・・・、
悲しいだけだ。」と人生に悲観して
屋上から飛び降り自殺にも発展ですね。

こんにちは!! TBお返しするのが遅くなってしまってすみませんでした!!(ペコリ)
今回は、一気にラブ度が上がったので、妙に嬉しくなって騒ぎながら見てしまいました。 夜中なのに!!そして大人なのにっ!!(笑)
ミルフィーユさんが仰るように、柴崎と手塚の関係も気になりますよねw アニメはどこまで描いてくれるのかしらと、楽しみです。

あと、場違いなコメントで申し訳ありませんが、以前教えていただいた『女性声優140人ソート』、今日やっとアップできましたw これもミルフィーユさんのおかげです!! ありがとうございました、楽しかったですw 

鳴海みぐジュニアさん、コメントありがとうございます。
はじめまして、ミルフィーユと言います。

確かに、あれは少しやりすぎですよね。
感想にありそうな話と書きましたが、高校でもここまで陰湿ではない気がします。
実際はどうかわかりませんが。
私も見ながら、(自分も女ですが)女ってコワイなと思ってしまいました。

さすがの郁もダメージは大きかったみたいですし。乗り切れたのは、やっぱり堂上の存在があったからかな。

また来てくださるとうれしいです。

りるさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

柴崎と手塚、気になりますよね。
郁のセリフと堂上とのあの場面で、妙にテンション
上がってしまいました(笑)。
夜中にアニメみて興奮してましたよ。

女性声優ソートやられたのですね。
紹介しておいてまだ挑戦してなくてすみません。なかなか140人となると、時間のあるときでないとできないのですよ。
やる予定ではいるので、挑戦したらお知らせしますね。

またブログに遊びに行きます。

友達がお世話になりました。

オレとしては笠原さんにあんな仕打ちをした
業務部の関係者たちは慰謝料を払ったり、
泣いても許す訳は無く(まず彼女たちは
ウソ泣きに見えますし)、
「お助け爺さん」が立ち聞きして、
以下の刑をやつらに執行してくれる話でしたらいいですね。


まず、業務部の女性に催眠スプレーを掛けて、(抵抗できないように)手足を拘束し猿ぐつわも噛ませる。

下着姿にして、この顔を写真に撮る。

「笠原君を泣かしてくれたな。
お前に代償を払ってもらう!」と言う。

バリカンでオカッパ頭(刈上げ入り)にする。

この姿にエアガンを嘲笑いながら連射する(^皿^)(相手が悶絶するまで)。

相手の全身に作動油(産業機器で使用)をかける。

この顔も写真に撮る。

箱の中に入れた生き物を頭上へ放す。
(ゴキブリ・クモ・ネズミ)

ダウン後、拘束を外す。

後日「スクープ!笠原さんを虐めた女性。(業務部関係者・70歳)」と新聞を作り、下記へ投函して終わり。

茨城図書館の男子寮・茨城県内の民家

・笠原さんもこれを知ったら喜ぶでしょうね。
 (あたしを貶めたから天罰が下ったわ!
 直々に仕返しや他人に依頼したわけでもないし。)

・執行された奴が既婚者ならダンナさんも
 これを知ったらどういう顔をするのでしょうか?


失礼します。

スミスさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

図書館戦争、終わってもう2か月?
なんだか昔のことみたいですが、懐かしいですね。

この回の話はひどすぎでした。
でも、スミスさんの意見もどうでしょう?
さすがに郁も、そこまでは望まないのではないでしょうか。

あの女子寮の人たちが、既婚者であってもなくても、それはやりすぎな気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/41554483

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 第10話「里帰リ、勃発」感想:

» 図書館戦争〜第10話・里帰リ、勃発 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
図書館戦争ですが、笠原たちは茨城に派遣されます。茨城では無抵抗主義などローカルルールもあります。柴崎は手塚に報酬を要求しますが、真意は「無事に帰って来い」ということです。(以下に続きます)... [続きを読む]

» 図書館戦争第10話「里帰り、勃発」 [アニメのストーリーと感想]
 憧れの王子様の正体を思わぬ形で、堂上であると知った郁。そんな時迫る昇進試験。堂上が 筆記試験が苦手な郁に、対策ノートを作成した。しかし王子様の事を意識してしまい、ぎこちない態度を取り、ついには心配した堂上を投げ飛ばしてしまった。    そんな仕打ちに... [続きを読む]

» 図書館戦争 #10 [日々の記録]
郁たち関東図書隊が、茨城で行われる展示会の警備を行うことになりました。しかし、そこは郁の実家の近所で出発前から郁は憂鬱になるのでした。茨城の図書館に到着してみると、そこは...... [続きを読む]

» ■図書館戦争 第10話「里帰リ、勃発」 [ゆかねカムパニー2]
 派遣先が実家のすぐ近くでも、そう簡単に両親と出くわしたりはしないと思うのですが、予想もしないルートで親バレしちゃう郁なのでした。  正面衝突だよー(^^;。 [続きを読む]

» 図書館戦争 状況一〇 里帰り、勃発 [鳥飛兎走]
 激化のいちず・・?    ___教官これなんて読むんですか?                                                                          今週は、郁〜いちずと読めなくもない・・。手...... [続きを読む]

» 図書館戦争 状況一〇『里帰リ、勃発』 [アニメ-スキ日記]
今回は多くを語らずこのシーンで満足です[E:heart01] 「ちょっとだけいつ [続きを読む]

» 図書館戦争 第10話 感想 [荒野の出来事]
 図書館戦争  状況一〇 里帰り、勃発  −キャスト−  笠原 郁:井上麻里奈  堂上 篤:前野智昭  小牧 幹久:石田彰  手塚 光:... [続きを読む]

» 図書館戦争 [Marble Chocolate]
#10「里帰り、勃発」 茨城での警備に行くことになった郁。 郁は、急遽帰郷することになってしまい慌ててますが、バスの中で小さくバックの中に納まっていた姿が可愛かった。(≧▽≦) ...... [続きを読む]

» 「図書館戦争」第拾話 〜耐え難き姿の見えぬ陰湿な格差〜 [混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊し... [続きを読む]

» (アニメ感想) 図書館戦争 第10話 「里帰リ、勃発」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 良化法を糾弾する美術作品が公開される。その警備に、郁は両親のいる故郷・茨城へ。茨城図書館は検閲への無抵抗を謳い、タスクフォースへの協力を拒む。さらに女子館員の陰湿な嫌がらせを受ける郁──どうなる、茨城県展!? ... [続きを読む]

» アニメ『図書館戦争』の感想/状況一〇『里帰リ、勃発』 [空夢ノート]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第四巻角川エンタテインメント井上麻里奈・前野智昭・石田彰・鈴木達央沢城みゆき・鈴森勘司・佐藤晴男・田中理恵浜名孝行(監督)発売日:2008-11-05amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy)●状況一〇『里帰リ、勃発』茨城県展に展示される作品...... [続きを読む]

» 図書館戦争 第10話「里帰リ、勃発」の感想 [赤い彗星3号館]
茨城へ警備に向かうことになり、大慌てというか、混乱というか、とにかくジタバタする笠原。そんなこと言っていられるわけもなくバスで訓練に。その時は息抜きの回で、笑いたっぷりの話かと勝手に思っていたら、いや〜〜、全く違ってました。無抵抗主義に染まりきった茨城の....... [続きを読む]

« ポルフィの長い旅 第23話「ひび割れた人形」感想 | トップページ | S・A~スペシャル・エー~ 第11話「彼女・彼氏」感想 »