当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« ジブリ最新作情報と今後のアニメ感想予定など | トップページ | S・A~スペシャル・エー~ 第9話「別荘・手紙」感想 »

2008年6月 3日 (火)

図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」感想

 図書隊には、原則派と行政派があり、本を守ることを
考えるのが原則派。行政派は図書は行政のコントロール
が必要と考えています。

 査問委員会から呼び出しを受けた郁。coldsweats01何を聞かれても、
いいようにと小牧が、あらかじめ聞かれそうな質問と
回答をノートに書きだしてくれました。それを100回
書けと言われてましたが、郁は本当に100回も書いたの
ですかね。もっとも、郁なら100回くらい書きそうですけど。
 しかし、委員会もそれくらいはするだろうとわかりきって
いるのか、わざと郁の答えに対して矛盾点を指摘するような
ことを聞いてきます。おかげで、郁は大ピンチに!!coldsweats02
 その時、堂上教官が時間だと入って来て、郁は難を逃れました。
 さすがに査問委員会は、手厳しく一筋縄では行かなかった
ですね。まさか、郁が砂川を手伝って手塚と運んだ荷物が
この件にかかわっていたとは。annoy

 柴崎は、手塚を呼んでなぜ郁が巻き込まれることになったのか、
聞き出そうとしていました。そして、今回の件に手塚の兄が
かかわっていることがわかったのでした。
 その頃、郁のもとに電話telephoneがかかって来ていました。
手塚の兄、慧からでした。まさか、慧が郁を電話で呼ぶとは
思ってなかったので驚きました。慧は郁のこと知ってたの
ですね。弟から聞いていたのでしょうか。wobbly

 慧に会いに行くことにした郁、柴崎にメモを残して待ち
合わせの場所へ行きます。
 慧は郁に検閲のない世界を作ると話ます。しかし、
それを実現するには10年以上もかかるのだそうです。
10年もかかると聞いて、そんなに待てないと言う郁。
10年、20年先の自由を守るより、今ある自由を
守りたいと慧に告げます。それは、なんとなくわかりますね、
10年後なんて自分がどうなってるかもわからないのに、
そんな先のことを考えろと言われてもねえ。coldsweats01
 ところが、慧は意外なことを言いました。
欲しいのは、郁ではなく弟の光だと。そのために、郁を
利用しようとしていたのです。朝比奈が柴崎に近づいた
のも、実は慧の策略でした。
 慧、ひどい男ですねえ。annoyとても、光と兄弟とは思えません。
 慧に光を連れて来れば、査問委員会から解放してあげよう
と脅迫まがいなことを郁は言われます。郁はもちろん、
即座に断りました。その時、堂上教官が来て郁の食事代を
慧に投げ渡すと郁を連れて外へ出て行ったのでした。

 その後、郁は査問委員会での尋問も終わり、身の潔白が
証明されたようです。
 平和が戻った郁の所に一通の手紙が。それは、慧からで
食事の時に堂上教官が置いて行ったお金を、あれは慧が
出したことになってるからと返して来たのでした。
 その手紙の最後に気になる一文が!!やっぱり、
郁の王子様は堂上教官heart04のようです。でも、なんで慧が
そんなこと知ってるのでしょうか!?
 

« ジブリ最新作情報と今後のアニメ感想予定など | トップページ | S・A~スペシャル・エー~ 第9話「別荘・手紙」感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

ミラー版でもトラバできなかったので、こちらにて失礼します。

なんとか査問委員会を切り抜けたものの、一番最後に出てきた慧の仕返しには、本当に慧ってキャラは最後まで意地の悪いキャラだってのを記憶させちゃいましたね。

シュージローさん、こんばんは。
郁、査問委員会を切り抜けて助かりましたね。
慧のラストの手紙には、驚きました。そういえば、結局慧がなぜそのことを知っていたのかは、謎なまま終わってしまいました。

ホント、意地が悪いですよね、慧。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/41416969

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」感想:

» ■図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」 [ゆかねカムパニー2]
 感情や情緒で結論を出したって、別にいいじゃないですかあ。  郁はずっとそうだもの。  山猿だって、ちゃんと筋は通しているよ。  …人間です。  図書隊の人達、 [続きを読む]

» (アニメ感想) 図書館戦争 第8話 「策動セシハ手塚慧」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第一巻 図書隊の厳しい査問と、隊内の白い目に耐え続ける郁。手塚は、慧が主宰する『未来企画』の企みに気付き、悩む。慧から郁を呼び出す電話が鳴ったとき、すべての事情を察した堂上が動いた──! ... [続きを読む]

» 図書館戦争 #8 [日々の記録]
郁に対する査問が開始されました。査問のやり取りから、手塚はその背後に兄・彗の思惑が絡んでいることを知るのでした。郁の査問会出頭にあたり、堂上たちが中心となって受け答えの応...... [続きを読む]

» 図書館戦争 状況〇八『策動セシハ手塚慧』 [アニメ-スキ日記]
アバンが玄田隊長だったから活躍があると思ったが殆ど出番なし。残念・・・w。 いき [続きを読む]

» 図書館戦争 [Marble Chocolate]
#8「扇動セシハ手塚」 今回は前回のお話の続き、郁の査問会から始まりましたが、全体的にはラブコメっぽいノリでしたね。 査問会対策マニュアルを作ったので、郁に「100回書け!」とかには笑っちゃいました!(・艸`・) まぁたしかに彼女は、その通りなんだけどね。(手塚兄に「フィーリングの人」と言われたし) 今回手塚兄から郁のことを連れ戻す、堂上も良かったんだけど、個人的にはやっぱり柴崎がカッコよかったです~♪ 朝比奈さんとの関わりを完全に断ち切る柴崎は、かなりのオトコ前です... [続きを読む]

» 図書館戦争第8話「策動セシハ手塚慧」 [アニメのストーリーと感想]
 資料集めという名目で、麻子に近づいて来た朝比奈。食事に誘い出し、武蔵野第一図書館に おいて、本が不正に処分されている情報を流した。「もし事前にもみ消す事が出来たら、どうしますか?」麻子にマスコミが報道する前に、揉み消しが可能だと告げた。結局郁の不正に対す... [続きを読む]

» アニメ『図書館戦争』の感想/状況〇八『策動セシハ手塚慧』 [空夢ノート]
図書館戦争 【初回限定生産版】 第三巻角川エンタテインメント井上麻里奈・前野智昭・石田彰・鈴木達央沢城みゆき・鈴森勘司・佐藤晴男・田中理恵浜名孝行(監督)第三巻には、テレビ未放映の『恋ノ障害』が収録されるそうな! ちなみに予約は26%引きw『何十年か後の自...... [続きを読む]

» 「図書館戦争」第八話 〜憧れし王子の所存は上官にあり〜 [混沌と勇気日記。 〜新たなる勇ましき無秩序の世界〜]
2019年(正化31年)。公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる『メディア良化法』の成立から30年が経ち、メディア良化委員会と図書隊が抗争を繰り広げる日本。 念願の“図書隊員”として採用された笠原 郁は、両親に、図書隊の中でも危険の伴う防衛員志望だとは言い出せないまま、軍事訓練に励む毎日を送っていた。郁は高校時代、書店でメディア良化隊員に本を奪われそうになったところを、一人の図書隊員に救われたことがある。その「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない図書隊員を王子様と慕い、自分も図書隊に入隊し... [続きを読む]

» 図書館戦争 [Marble Chocolate]
#8「扇動セシハ手塚」 今回は前回のお話の続き、郁の査問会から始まりましたが、全体的にはラブコメっぽいノリでしたね。 査問会対策マニュアルを作ったので、郁に「100回書け!」とかには笑っちゃいました!(・艸`・) まぁたしかに彼女は、その通りなんだけどね。(手塚兄に「フィーリングの人」と言われたし) 今回手塚兄から郁のことを連れ戻す、堂上も良かったんだけど、個人的にはやっぱり柴崎がカッコよかったです~♪ 朝比奈さんとの関わりを完全に断ち切る柴崎は、かなりのオトコ前です... [続きを読む]

» 図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」 [赤い彗星3号館]
いきなりなんですが、柴崎がかっこいいです。大好きです。結構、重要キャラになっていると思うんですけど。 それはさておき、本題は、手塚の兄が手塚光を手に入れるための陰謀と、図書隊の中の派閥、「原則派」と「行政派」の勢力争いが複雑に絡み合う中、笠原が被害に遭う....... [続きを読む]

« ジブリ最新作情報と今後のアニメ感想予定など | トップページ | S・A~スペシャル・エー~ 第9話「別荘・手紙」感想 »