当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« ポルフィの長い旅 第35話「信じるこころ」感想 | トップページ | 夏目友人帳 第10話「アサギの琴」感想 »

2008年9月10日 (水)

テレパシー少女蘭 第11話「蘭と失われた村~髑髏は知っていた~」感想

 このところ続いていた蘭と留衣のラブラブ?な話から一転、
久々に本来のテレパシーを使った話に戻りました。

 蘭と留衣と翠の3人の話も楽しいので、少し残念ですが。sad

 冒頭、不気味な三つ目の男に襲われた新聞記者らしき人物。
出だしから何やら、物騒でした。shockあの記者が何をしにあの場所
へ行ったのかが、今回の話の中心でしたね。

 学校から帰る途中、映画を見に行く話で盛り上がる蘭。happy02
翠は週末、お札数えコンテストに出るとか。大食いの次は
お札ですか。翠は、どこでそんな風変わりな大会を見つけてくる
のでしょう。coldsweats01
 ふと見ると向こうから、凛が同級生らしき女性と歩いて来ます。
この時の翠のショックぶりに笑ってしまいました。happy01死ぬなら
凛の胸の中でと走り寄る翠を、ポイッと投げ飛ばす蘭。翠の
凛への気持ちを本当はどう思ってるのか知りたいです。wobbly
 凛と来たのは、クラスメイトの菅野麗香。兄の章平が3日前
に取材に行ったきり、行方不明になってしまい探してほしい
と言うのです。その章平こそ、冒頭で不気味な三つ目の男に
襲われた新聞記者でした。shock

 章平のことを調べているうちに、霜月幸太郎と言う人物が
浮かび上がりました。白帆のはずれあった三ツ埋と呼ばれる
村に、章平が行ったのではないかと言うことになり、蘭たち
は白帆に住む霜月幸太郎を訪ねます。wobbly
 ジャンケンで霜月を訪ねるチームと三ツ埋を調べるチーム
に別れて、行動することにしましたが蘭は翠と二人で霜月を
訪ねる側になってしまいました。残りの3人で三ツ埋調査です。

 
 霜月の家は、大きくガードマンがいるほどでした。coldsweats02
裏口にいる門番の考えを読み取った翠、さすがこういう時は
テレパシーの本領発揮!?
 あのガードマン、仕事中にウナギ食べたいって何考えてる
のですかね。しかも、どうみても子供がウナギの出前なんて
しないでしょうに、カバンに風呂敷を包んだだけのものを見て
まんまと翠に騙されてました。きっと、あの後酷く怒られた
でしょうね。coldsweats01

 さすがに、中にいたガードマンは騙せず捕まりそうになり
ますが、家の中から出て来た霜月に呼び止められ中で話を
聞けることになりました。

 その頃、留衣、凛、麗香は町で三ツ埋について聞いてまわり
ますが、どの人も言おうとしません。食事に入った店の主が、
三つ目族の話をしているのを耳にして詳しく話を聞きます。

 霜月の紹介してくれた旅館に泊まった蘭たち。
布団をひきに来た女性たち、何か知っているのか蘭たちの会話
を聞いている様子でした。shock
 その晩、麗香が霜月のガードマンに連れ去れてしまいました。
おまけに蘭まで!!のんきに大浴場で入浴中spaの翠に、
テレパシーで危機を伝えた蘭ですが、どこへ連れて行かれて
しまったのでしょうか!?coldsweats02
 翠は蘭を助けることができるのか、次回も気になります。

 霜月が言ったミチコも誰なのでしょう。麗香は似てるのかな。

« ポルフィの長い旅 第35話「信じるこころ」感想 | トップページ | 夏目友人帳 第10話「アサギの琴」感想 »

テレパシー少女蘭」カテゴリの記事

コメント

ミルフィーユさん、こんばんは♪
お久しぶりです!ブログの方は毎日覗かせていただいているのですが、コメントの方が中々送れなくて今になってしまいすみません(汗


この回の話は、留衣の萌えがなかったですがその変わりかっこいい姿が見れたので満足しています!でも見終わった後にちーちゃんと「何か物足りないね」と言ってしまいましたがcoldsweats01


前回の話から変わっていきなりテレパシーを使うシリアスな展開へと突入してしまいましたね!
それでも翠が凛を好きな気持ちは変わらず、むしろヒートアップしていて面白かったですけどhappy01

あと、お札の数え大会とかhappy01そんな大会にまで出場しているのですね!翠は大会とあらばどこへでも行くのでしょうね♪

じゃんけんで決まったのはいいのですが、まさかガードマンさんが仕事中にうなぎを食べたいと思っているとは思っていなかったので驚きましたcoldsweats02そしてあっさりだまされてしまいましたね(汗
そんなに食べたかったのでしょうか?


最後に蘭がさらわれてしまい次回!?となっていましたね♪続きは昨日見たので安心していますがwink

次回の感想も楽しみにしています♪
また遊びに来ますね♪

ロクさん、こんばんは。
毎日、見て下さってるのですね!!
ありがとうございます、嬉しいです!!
コメントは時間のある時でいいですよ。

留衣への気持ちがロクさんは、ヒートアップされてるのですか!?もっと、留衣にスポットをあてた話があるといいですよね。happy02

ガードマンのウナギ食べたいには、笑ってしまいましたよ。でも、昨日の話ではそのガードマンに蘭、危うく注射されるところでしたね(汗)。

先ほど、昨日の話をUPしました。
良ければ見てくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/42438774

この記事へのトラックバック一覧です: テレパシー少女蘭 第11話「蘭と失われた村~髑髏は知っていた~」感想:

» テレパシー少女 蘭 第11話「蘭と失われた村 〜髑髏は知っていた〜」 [よう来なさった!]
肩までですか・・・・・・もっとサービスして下さいよw でも教育テレビではこれが限界ですかね? ・・・・・・いや、そんなはずはない。電脳コイルではもっと凄いシーンがあったわけだしね。あまりにも危なすぎてモザイクが掛かっていたシーンとかさw なわけで、下ら....... [続きを読む]

» テレパシー少女 蘭 第11話「蘭と失われた村〜髑髏は知っていた〜」 [赤い彗星3号館(サブブログ)]
第11話「蘭と失われた村〜髑髏は知っていた〜」 結局は、このコンビで 前回と違う雰囲気だった11話。 行方不明の少年を捜して向かった白帆町で捜査する、蘭と翠。 なんだ、かんだ言ってても、良いコンビです。 第11話「蘭と失われた村〜髑髏は知っていた〜」の続きはこちら ...... [続きを読む]

» テレパシー少女 蘭 第11話『蘭と失われた村〜髑髏は知っていた〜』 [現実逃避]
最近テレパシー少女蘭が楽しみでたまらない自分がいます。困ったもんだ・・。 『名波さんが素敵すぎる』 蘭と留衣のデートを邪魔するために呼ばれてもいないのについて行こうとしたり。 凛のクラスメートの女子を勝手に彼女と誤解して白灰化してみたり。 うなぎ屋の真似をして個人宅に不法侵入したり。完全にアウトですぅ・・。 名波さんの素敵加減は相変わらず暴走気味。 ざぶん。 相変わらず必要性があるような無いような入浴シーン。 自分が疑惑を持つ人間をアレだけ追い詰めておいて、その人物が用意した宿泊券... [続きを読む]

» テレパシー少女蘭 #11 [日々の記録]
凛の同級生・菅野麗香から頼まれて、蘭たちが麗香の兄・章平の行方を捜すことになるお話でした。章平は、白帆町という街の霜月という男が不正献金をしていたという噂と、街に伝わる三...... [続きを読む]

» 蘭と失われた村~髑髏は知っていた [許都賦 Volebam scire quid adepturus esses ex bello.]
テレパシー少女蘭11話感想。 [続きを読む]

» テレパシー少女 蘭 第11話「蘭と失われた村〜髑髏は知っていた〜」 [電撃JAP]
博士「♪ぴぴる ぴるぴる ぴぴるぴ〜」 助手「ベタ過ぎる・・・」 [続きを読む]

» テレパシー少女蘭 第11話 「蘭と失われた村 〜髑髏は知っていた〜」 [ゼロから]
壁一面に目が描かれているお堂。真夏のホラーの回ですね。翠の嫉妬爆発で、妄想の世界に逝ってしまいました。これぞ、真夏の怪談。 [続きを読む]

« ポルフィの長い旅 第35話「信じるこころ」感想 | トップページ | 夏目友人帳 第10話「アサギの琴」感想 »