当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« CLANNAD~AFTER STORY~ 第3話「すれちがう心」感想 | トップページ | スキップ・ビート! 第3話「欠けてる気持ち」感想 »

2008年10月26日 (日)

のだめカンタービレ巴里編 Lesson2感想

 アニメフェスタの話題で盛り上がるのだめとフランク。happy01
千秋は指揮者コンクールへ出発です。

 コンクール会場へ到着した千秋、1次予選開始。note
そこで同じ日本人の片平、ベルギーコンクールの優勝者
ジャンと出会った千秋。
ジャンはヴィエラ先生の弟子なの
でした。千秋はそれを知ってどう思ったのでしょう。wobbly

 千秋の1次予選は黒い王子!?
審査員の間では、ジャンが褒められてますが…。sad
千秋も無事1次予選通過。2次予選へ。shine
2次は指揮をしながら、オーケストラで間違った演奏をして
る奏者を言い当てるのですか。
千秋は、パーフェクトで審査員
を驚かせました。すごいですね、さすが千秋です。
普通に聴いてるだけでは、どこが違うのかさっぱりわからない
ですよね。coldsweats01
 ついに3次予選。3次予選には、のだめも応援に来ます。

 ところが、ジャンと千秋は偶然にも3次予選で同じ曲を
指揮することになってしまいます。
ジャンは白い王子だそう。
 先にジャンの指揮を見てしまったためか、千秋は奏者に
細かく注意を出してしまいます。その上、千秋自身も指揮を
振り間違えてしまったのでした。shock
 千秋、すごく落ち込んでいました。のだめの言葉も拍車
をかけているような気が。sweat02
 
 3次予選2日目には、片平が登場します。
あの指揮には驚きました。指揮をしながら飛ぶ人って、
初めて見ました。おもしろすぎます、片平さん。coldsweats01
無事に3次も予選通過し、本選に進出した千秋たち。
 曲目って、くじで決めるのですね。少し意外です。coldsweats02
のだめが千秋のくじを引きますが、引き当てたのは千秋が昔
弾いてみたいと思っていた曲でした。

 本選も終わり、審査発表。なんと、千秋が1位に。shine
ジャンがヴィエラ先生に千秋のことを話し、ヴィエラ先生が
自分を忘れていなかったことを千秋は知りました。
 千秋とヴィエラ先生との再会も近そうですね。
最後の砂漠のプロメテウス作戦が何なのか、気になります。

« CLANNAD~AFTER STORY~ 第3話「すれちがう心」感想 | トップページ | スキップ・ビート! 第3話「欠けてる気持ち」感想 »

のだめカンタービレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/42913872

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ巴里編 Lesson2感想:

» のだめカンタービレ 巴里編 第2話 [のらりんクロッキー]
今回も安定した面白さでした。 が、 千秋がコンクールであっさり優勝しちゃったのには激しく不満。 2話でもう優勝なんてねえ… 三次で落とすべきだったのでは。 昔の悪い千秋が出てしまいましたが、自分の間違いも素直に謝ったのが良かったのかな。 すっとぼけてるバカ... [続きを読む]

» のだめカンタービレ 巴里編 2話 [ワタクシノウラガワR]
第2話 千秋の指揮者コンクール<アニメフェスタ………ぷぷっ お守りは、カズオ♪ [続きを読む]

» のだめカンタービレ 巴里編 第2話「Leçon2」 [無限回廊幻想記譚]
千秋真一が『プラティニ国際指揮者コンクール』に出る話。 実力は抜群で、優勝候補ジャン・ドナデュウと競い合うも、第3選考で日本の時と同じようにギスギスしてしまい、自分自身も失敗するというミスを犯す。 が、野田恵の言葉や片平元の楽しむ演奏を見て、何とか残った... [続きを読む]

« CLANNAD~AFTER STORY~ 第3話「すれちがう心」感想 | トップページ | スキップ・ビート! 第3話「欠けてる気持ち」感想 »