当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 伯爵と妖精 第2話「僕の妖精」感想 | トップページ | 黒執事 第2話「その執事、最強」感想 »

2008年10月17日 (金)

ポルフィの長い旅 第40話「国境を目指して」感想

 今回は前半と後半で完全に話が別れていました。
ミケーレの声は、せっかく置鮎さんだったのにあの役は
なんとも…。wobbly

 ポルフィは、フランス国境を目指して旅を続けます。
途中で見つけた小屋でひと休み、誰もいなかったのでベッド
で眠りこんでしまいました。sleepy
 しばらくして誰かの呼ぶ声で目が覚めます。
この小屋に住むミケーレでした。ミケーレは、勝手にポルフィ
が入ったことに腹を立てているのか苛立っていました。angry

 その小屋はミケーレのアトリエで、画家を目指していました。
ミケーレはいつかパリへ行くのが夢だと、ポルフィに話します。

 ミケーレ、どうしようもないわがまま息子です。annoy
両親からは画家になることを反対されているらしく、特に母親
とはケンカがたえません。今の時期は収穫に忙しく、両親だけ
では人手が足りないのです。ところが、ミケーレは母親に農作業
を手伝うように言われても、全く手伝う気がありません。
ついには、この家になんて生まれなければよかったとまで言い
出し、母親に叩かれます。wobbly

 地震で両親を亡くし、家を失ったポルフィからすれば、
住む家と家族がいるだけでも羨ましいのに、ミケーレの言動に
怒り心頭、大バカ野郎と言い残してミケーレの家を出ます。coldsweats02

 前半のミケーレのエピソードは何のために入れたのでしょう?
結局、ミケーレはこれっきり出ませんでした。あの様子では、
今後もかわらないでしょう。何ともすっきりしない別れ方でした。

 ミケーレの家を出たポルフィもまた、声をかけて来た男
について行きますが危うく難を逃れます。フランスへ行くのは、
歩いてでは無理だと知ったポルフィ、今度は倒れた木を道に
おいて止まった車の荷台に忍び込みました。
なぜ普通に乗せて
ほしいと頼まないのでしょうねえ。検問で見つかるのでは?
とヒヤヒヤしました。shock
 しかし、フランスへ渡ってから車が止まった隙に降ります
が、雪を触っていた為に見つかってしまいます。coldsweats01
 
 サミュエルと言う、車の運転手。怖そうですが、予告を見た
ところ意外と親切なのでしょうか。

« 伯爵と妖精 第2話「僕の妖精」感想 | トップページ | 黒執事 第2話「その執事、最強」感想 »

ポルフィの長い旅」カテゴリの記事

世界名作劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/42816330

この記事へのトラックバック一覧です: ポルフィの長い旅 第40話「国境を目指して」感想:

» ポルフィの長い旅 #40 [日々の記録]
フランスを目指して、ポルフィの旅は続いてます。フランスの国境を目指して歩いていたポルフィは、とある村の納屋にたどり着きました。そこには藁で作ったベッドが置かれていて、疲れ...... [続きを読む]

« 伯爵と妖精 第2話「僕の妖精」感想 | トップページ | 黒執事 第2話「その執事、最強」感想 »