当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« みればいーじゃん!しゅごキャラ!ナイト 第9話「藤咲家の七不思議!?」感想 | トップページ | WHITE ALBUM 第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」感想 »

2009年1月 4日 (日)

ポルフィの長い旅 第52話(最終回)「この瞬間のために」感想

 1年見続けて来たポルフィも、とうとう最終回。
ミーナとの再会の時が来たのです。でも、本当に再会したところで終わった
のは、びっくりでしたが。wobblyあれほど、ミーナが見つかったら二人でギリシャ
へ帰ると言ってたので、そこまで見せてくれるのかと思ったらその後は見る
側の想像に任せたのですね。その後、どうなったのかローズはどうしたのか
見たかった気もしますが、こういう終わり方もありなのかな。coldsweats01

 クリスマスなのに、ローズにプレゼントできるものがないそう呟き、
持ってるものを見せたポルフィ。ローズは、穴のあいたネジの一部のような物
を指輪がわりに欲しいと言い、ポルフィはローズの指にはめます。ring
 
 ローズはポルフィにも、とびきりのクリスマスプレゼントを渡すため、
ティファニーに電話をかけに出かけます。もちろん、ポルフィにはサンタ
クロースと言って出かけて行きました。shine
 その頃、通りではなんとザイミスが買い物帰りのナタリーに会っていました。
ナタリーがどこから来たの?と聞いた時、パスカルの車が来てナタリーは
乗りこんでしまった為、ザイミスが答える前に別れてしまいました。
 ザイミス、ナタリーのことが気に入ったのでしょうか。heart04

 ティファニーの元に、ローズから電話が来ます。
ローズはティファニーにミーナのことで、大事な話があるからすぐに会いたい
と伝えます。happy02
 
 ポルフィとザイミスは、これまでのことを語り合います。
ザイミスもたくましくなっていました。
 
 ローズとティファニーは、二人でミーナとポルフィ再会に向けた話し合い
をします。サンタクロースになって、ミーナとポルフィに最高のプレゼントを
と誓うローズとティファニー。shine
二人が仲直りできたのも、ミーナとポルフィ
のおかげかもしれません。もし、ミーナがティファニーと、ポルフィがローズ
と出会っていなかったら二人がこうして会って話すこともなかったでしょう。

 ザイミスは、意外と過去を振り返る主義なのでしょうか。
起きてしまった地震を振り返っても死んだ両親は生き返らない、ポルフィに
はなかったことになんてできないし、辛い思い出ですよね。weep

 ポルフィはローズからミーナのことを聞きます。
「幸せになってほしいからなのよ。好きな人にはね。」
ローズ、もしかして本当にポルフィを!?coldsweats02
 パスカルが迎えに来てポルフィたちは、映画館へ行きました。
もうティファニーたちは着いています。舞台に向かって歩いて行くポルフィ。
これまで出会った人々を思い出しながら。happy01

 幕が上がり、そこにはミーナが!!
数か月ぶりに再会を果たした二人、ミーナは喜んでポルフィの元に飛びます。
ついにポルフィとミーナは、感動の再会を果たしたのでした。shine

 ラストの再会は感激でしたが、ザイミスとミーナの再会がなかったのは残念。

 4月からの予告が入り、ナレーションが山田栄子さん!?coldsweats02
本編のナレーションもそうなのでしょうか、だとしたらとても楽しみです。

« みればいーじゃん!しゅごキャラ!ナイト 第9話「藤咲家の七不思議!?」感想 | トップページ | WHITE ALBUM 第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」感想 »

ポルフィの長い旅」カテゴリの記事

世界名作劇場」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。いつもお世話になります。

とうとうポルフィの長い旅も終わりましたね。尺の関係もあったのでしょうが、本当にミーナと出会ったところで終わってしまったのは驚きでしたよね。

この旅では多くの人にお世話になりましたし、できればミーナと2人でギリシアに帰りながら旅先で出会った人たちと再会する場面を入れてもよかったような気もしました。

もっとも、その代わりがミーナと会う前にポルフィが出会ってきた人たちの名前を挙げる場面だったのでしょうが・・・。

ポルフィが終わり、次の期待は「こんにちはアン」ですが、どんな作品になるのか今から楽しみですね。(^^)

横溝ルパンさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

エンディングはなく、ミーナとポルフィが抱き合って喜ぶ瞬間で終わりましたね。
イザベラとはぜひ再会してポルフィに会えたことを知ってほしかったです。
カルロスは出なくていいですが。

ポルフィが出会った人たちの名前を言って行く場面は、懐かしい名前もあって会った時のことが思い出されました。アポロとミーナが再会できなかったのは本当に残念です。きっと、ポルフィからアポロの運命もミーナは聞くことになるでしょう。

気分はすでに4月ですよね。「こんにちはアン」、アンの声が誰なのか楽しみです。

こちらでは、はじめまして。
「ポルフィ」の感想、毎回、楽しみに拝見させていただきました。

映画館でポルフィとミーナと再会する場面は、
相当に辛い場面もあった長い旅の終わりにふさわしく感動的でした。
映像的にも素晴らしく、そのままミーナ主演の映画に使えるのではないでしょうか。
ミーナの最初の主演映画のタイトルは、「ミーナの長い旅」かな?(笑)
それに比べると、ローズとティファニーの仲直りは淡々とした感じですが、
それも自然でよかったです。
ただ、すべてを想像に任せる結末には、
「長い旅」に最後まで付き合った者としては、欲求不満が残りました。

4月からスタートの「こんにちは、アン」は、デザイン的にも楽しみですが、
できりだけ原作を生かしたストーリーを期待しています。

Noriさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

毎回、読んでくださったとのこと嬉しいです。
いつも、更新が遅くて申し訳なかったです。

ポルフィとミーナの再会は感動的でした。
ミーナの主演映画、見てみたいです。このアニメ、ポルフィよりミーナの側をメインにした方がおもしろかったのではないでしょうか。

ローズとティファニーは、いつの間にか仲直りしてましたね。
二人の仲直りは、自然な感じでよかったですよね。
私もあのラストは予想外でした。せめて、EDでその後の様子を見せてもよかったと思いますし、何より二人がギリシャへ帰ったのかパリに残ったのかどうかは知りたかったです。

「こんにちはアン」、話数短い分どうなるのか気になりますね。

後日、まとめを書くので良ければ見てくださると嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/43642085

この記事へのトラックバック一覧です: ポルフィの長い旅 第52話(最終回)「この瞬間のために」感想:

» ポルフィの長い旅 #52 [日々の記録]
ポルフィの長い旅も、とうとう終着点にやって来ました。クリスマスイブの朝、昨晩あんなに泣いたのが嘘のようにローズとポルフィは朝を迎えました。この若さでローズをあんなに泣かせ...... [続きを読む]

» ポルフィの長い旅 第52話「この瞬間のために」(最終回) [のらりんクロッキー]
製作が日本アニメーションになってからの「世界名作劇場」第25作、ポル助の旅もいよいよ最終回。 予想通りといいますか、 ミーナと再会したところで終了。 映画館で会うお膳立てをティファニーとローズがする展開。 舞台に近づきながらこれまで出会った人たちの名前を呼ぶポル... [続きを読む]

» ポルフィの長い旅 第52話「この瞬間のために」 [バラックあにめ日記]
#63897; 愚痴る主人公に空からプレゼントが舞い降りてきてハッピーエンド。 さすがにフォローのしようがありません。 名作劇場の主人公は多かれ少なかれみんな賢いキャラばかりだったのですが、このポル助に限ってはアホの子で、逆にそれが新鮮でもありました。 ..... [続きを読む]

« みればいーじゃん!しゅごキャラ!ナイト 第9話「藤咲家の七不思議!?」感想 | トップページ | WHITE ALBUM 第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」感想 »