当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« きらりん☆レボリューションSTAGE3 第144話「エスパー!!ファンタスティックき・の・こ?」感想 | トップページ | しゅごキャラ!!どきっ 第67話「UFO少女あらわる!」感想 »

2009年1月26日 (月)

源氏物語千年紀Genji 第2話「六条」感想

 六条の御息所が登場。
光源氏は、元服と同時に葵の上と結婚していたのでした。でも、うまく
いっていないようです。sad葵の上が、プライドが高すぎて光源氏では満足
できない、それが理由なのでしょうか。

 12歳で元服した光源氏。shine
このアニメは、毎回逢瀬の場面で始まるのですかね。coldsweats01
毎晩、違う女性の元を訪ねて忘れられない藤壺のことを思い出しているらしい
光源氏。平安時代の物語とはいえ、凄いです。現代ではありえないですよね。

 頭の中将から六条の御息所の話を聞く光源氏。六条の御息所は亡くなった
先帝の妻で才色兼備と名高く、今はひっそりと暮らしているのでした。sad

 頭の中将は、妹葵の上と光源氏とのことを心配していました。
中将の妹、葵の上は光源氏の正室。実は、光源氏が元服した時に同時に妻を
持つのが習わしと、葵の上と結婚していたのです。coldsweats02
 光源氏、12歳にして妻がいたとは。昔ですから、成人も結婚も早いのは
仕方ないですけど。

 ところが、葵の上の屋敷に立ち寄った光源氏ですが、土産の櫛を渡しますが
すぐに追い返されてしまいました。bearing
 光源氏が帰った後、もらった櫛を手にとってみる葵の上。
侍女たちは、あの光源氏を追い返してしまうなんてもったいないと噂しあいます。
 光源氏もまた、葵の上が心を開かないことを気にしていましたsad
当時は通い婚なので、妻になったと言っても実家で暮らしているようです。

 そんな時、光源氏は偶然にも六条の御息所が詠んだ歌が書かれたものを、
手に入れたのです。それがきっかけとなり、六条の御息所の屋敷を訪ねるように
なった光源氏。最初は、六条の御息所も1日だけならと言っていましたが、
光源氏が予想以上に勉強熱心だった為か引き続き歌を教えることに。wobbly

 侍女たちに、入浴しながらもっと熱い湯をかけよと命じ、絶叫する六条の
御息所、ここから変貌していくのでしょうか!?coldsweats02

 光源氏が六条の御息所の元に勉強の為通っていると言う話は、すでに家臣の
間でも噂になっていました。
 いまだに藤壺が忘れられない光源氏、藤壺が琴を弾く時間には聴こえる
場所まで出かけて行き、その音色を聴いているのでした。notes

 その晩、突然六条の御息所の元を訪ねた光源氏。
勉強ではなく、急に会いたくなって恋文を持って来たと言い、六条の御所
に紙を渡します。ところが、紙には何も書かれておらず白紙。
想いがあふれて書ききれないとは、さすが光源氏ですね。2通目の紙をとろうと
した六条の御息所の手をとり、御簾を超えて中へ入ってしまいました。

こうなっては、六条の御息所も逃げ場がありませんよね。shock

 次回は、夕顔の話のようです。

« きらりん☆レボリューションSTAGE3 第144話「エスパー!!ファンタスティックき・の・こ?」感想 | トップページ | しゅごキャラ!!どきっ 第67話「UFO少女あらわる!」感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/43865156

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語千年紀Genji 第2話「六条」感想:

» 源氏物語千年記 Genji #2 [日々の記録]
藤壺の女御への忘れられぬ思いを断ち切ろうと、光源氏は次々と新たな女性を求めては陥落させてゆくのでした。しかし、それでも光源氏の心が静まることはありません。元服した日に、光...... [続きを読む]

» 源氏物語千年紀 Genji #02 六条 感想文 [ミルク苺のためいき]
光源氏が、うらやましいぜ! [続きを読む]

» 源氏物語千年紀Gnji 2話 [ワタクシノウラガワ別館]
本館「ワタクシノウラガワR」からTBが送れないブログ様にはこちらから送信させて頂いております。 本館の記事はコチラから←クリックして下さい。(内容は一緒です。) 第2話 「六条」 アバンは必ず女との添い寝から始まるのがお決まりなの(笑) 寝語りに初恋の...... [続きを読む]

» 源氏物語千年紀Genji 第2話「六条」 [MAGI☆の日記]
源氏物語千年紀Genjiの第2話を見ました。第2話 六条「12歳で元服、それが別れとなった。元服をすればもはや大人、たった一枚の御簾の内外…道ならぬ恋はその御簾によって隔てられるのだとあの方は私に身をもって伝えたのだ」「憎らし、女の家に来て別の女の話でございま...... [続きを読む]

« きらりん☆レボリューションSTAGE3 第144話「エスパー!!ファンタスティックき・の・こ?」感想 | トップページ | しゅごキャラ!!どきっ 第67話「UFO少女あらわる!」感想 »