当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« みなみけ~おかえり~ 第3話「ケンカでも」感想 | トップページ | WHITE ALBUM 第3話「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」感想 »

2009年1月23日 (金)

黒執事 第14話「その執事、異能」感想

 前回は、タナカさんによるダイジェストでした。
本編は、2週間ぶりの放送。オープニングに若干変化がありました。note
曲は同じですけどね。エンディングも変わりました。今までと全然違って
びっくりです。wobbly

 アグニはやはり、事件に関わってました。でも、意外だったのは
ソーマ王子は関わりがなく、アグニが別の人物の依頼で動いていたことです。

それにしても、ミーナがあんな性格だったとは。coldsweats01ソーマ王子、相当ショック
だったと思いますがこれからどうするのでしょう。

 夜中にどこかへ出かけて行ったアグニを追いかけて、その行き先の屋敷
へ潜り込んだシエルたち。
 アグニは、コーヒーハウス経営のウェストと話をしています。bearing
ウェストがアグニを使って事件を起こさせていたのでした。王室御用達の
紋章ロイヤル・ワラントを手に入れるために。そして、ミーナを連れて
行ったのもウェスト。アグニは、ミーナの消息を知っていたのです。shock

 その話を聞いたソーマ王子、思わず飛び出してしまいました。
王子を黙らせろと迫るウェスト。アグニは、ソーマ王子の命令だけに従う
と思っていましたが、理由があるのでしょうか!?coldsweats02

 そこに、事態を収拾するためにソーマ王子を連れだそうと入って来た
セバスチャン。なんと、鹿のかぶりものをしています。なぜ鹿なのか、とても
気になります。coldsweats01

 アグニの右手には何か秘密があるようで、人間業と思えない力でした。
ソーマ王子が言うには、精神集中のサマティだとか。
アグニは、本当に
人間なのでしょうか。

 ソーマ王子が持っていたと思っているのは、親から与えられたもので
本当は何も持っていないとセバスチャン。bearing

 シエル、両親を殺した犯人への復讐のために戻って来たのですね。
その犯人は、シエルが当主でいればいつかまた狙って来るだろうとよんで
いたのでした。
「たとえ、絶望の底に突き落とされても、そこから這いあがれるクモの糸が
あるなら、諦めずにそれをつかみ取る」

12歳にしてそこまで考えられるとは、シエルもただ者ではないです。

 女王も見に来るかもしれないと噂のカリーの品評会。
ウェストは、その品評会に出るライバルを潰すために事件を起こしていた
のでした。
 シエル、ロイヤル・ワラントの為にファントム社も品評会に出ることを
決意。happy01
けれど、ウェストの元にいるアグニには、カーリーの右手の持ち主。
多くのスパイスから相性のあうものを選び出し、おいしいカリーを作り出す
と屋敷でも評判だったそうです。
 セバスチャンは、勝てるのでしょうか!?

 品評会当日。なんと、ミーナがその会場にいたのです。
ソーマ王子は、ミーナを見つけ出し再会を喜びますが、ミーナの方は迷惑顔。
ミーナは、連れ去られたのではなく、自分から望んでソーマ王子の所を離れた
と説明。インドのカースト制度に縛られるのが嫌だったのでした。sad

 会場で会ったアグニとセバスチャン、アグニはミーナのことをセバスチャン
に話したようです。一方、もう一人の出場者にアンジェラが何か渡して
いました。あれは一体!?

 次回、今まで謎だった女王陛下が姿を現すのでしょうか。wobbly
エンディングがかわっていました。何だかシリアスな映像と曲ですよね。

 ミーナの声、どこかで聞き覚えがあるなと思ったら後藤邑子さんでした。

« みなみけ~おかえり~ 第3話「ケンカでも」感想 | トップページ | WHITE ALBUM 第3話「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」感想 »

黒執事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/43833658

この記事へのトラックバック一覧です: 黒執事 第14話「その執事、異能」感想:

» 黒執事 #14 [日々の記録]
深夜に屋敷から抜け出したアグニ。その行き先は、インドからの輸入品を取り扱っているウエストという男の屋敷でした。アグニは、ウエストのために今回のコーヒーハウスの事件を引き起...... [続きを読む]

» 黒執事 第14話「その執事、異能」 [赤い彗星3号館]
第14話「その執事、異能」 あくまで「鹿」です [続きを読む]

» 黒執事 第14話「その執事、異能」 [のらりんクロッキー]
やはり事件にアグニは絡んでいましたね。 黒幕はハロルドという男。 アグニを強請って、ロイヤルワラントを我が手に収めんと悪事の数々。 アグニを追ってハロルド邸に潜入したシエルたち。 アグニとハロルドの会話にミーナの名前が出てきて思わず飛び出して行ってしまった王子... [続きを読む]

» 黒執事 第14話「その執事、異能」 [ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)]
今回のお話は、セバスチャンとアグニがカリー勝負をすることになるってなお話でした。 「カリー、カリー」って何のことだ??とか思っていたんですけど、カレーのことだったんですな。 全く、そんなことに気づかんかったとは情けないっす!! 夜中に抜け出したアグニを追ってみると、到着したのはウエストとかいうやつのところ。 いつも通りと言うか、大胆に潜入した面々ではありますが、アグニのやつが「ミーナ」という言葉を口にしたためソーマが話し合いの場に乱入しちゃいます。 ウエストはソーマを片付けるように... [続きを読む]

« みなみけ~おかえり~ 第3話「ケンカでも」感想 | トップページ | WHITE ALBUM 第3話「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」感想 »