当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« みなみけ~おかえり~ 第6話「流してほしい」感想 | トップページ | 続夏目友人帳 第6話「少女の陣」感想 »

2009年2月16日 (月)

源氏物語千年紀Genji 第4話「藤壺」感想

 藤壺を忘れられない光源氏が、とうとう藤壺の元を訪ねてしまったのですが、
それより驚いたことがありました。coldsweats02
ナレーションが紫の上だったのです。あれは、紫の上で視点で語られて
いたのでした。今回、若紫が初登場してわかり驚きました。wobbly

 夕顔が亡くなり、ショックを受けた光源氏。
落ち込むあまり、病気になってしまいました。それは、予想以上に長引き
帝や藤壺の耳にも入ることになったのです。sad
 帝に光源氏を見舞ったときの様子を語る頭の中将。
医師の診立てでは、心の病ではないかとのこと。光源氏が、悪霊に出会った
ことはすでに宮中でも噂になっていました。shock悪霊の正体が、六条の御息所
だと言うのはまだわかっていないのでしょうか。

 帝は藤壺にも、見舞いの品を贈るように進言します。

 帝をはじめ、大臣たちから大量に届けられた光源氏への見舞いの品。
その中に藤壺から届いた蜂蜜があったことを知った光源氏、惟光から手紙も
一緒だったと聞きそれを読んだのでした。
 一方、藤壺は手紙を添えたことを後悔していました。bearing

 春になり、病も快方に向かいましたが、北山に祈祷へ出かけた光源氏。
歩いていると、庭先で泣いている少女を見かけます。少女は、可愛がって
いたスズメを他の子供が逃がしてしまったと泣いていたのでした。sad
その時、スズメが戻って来たのを見た少女は、庭の外へ駆け出します。
スズメは光源氏の手にとまりました。
 これが、若紫と光源氏の初めての出会いだったのです。
まさか、ナレーションでこれが私と光君様の出会いと伝えられるとは思わず、
この声は若紫…のちの紫の上と知って驚きました。coldsweats02

 若紫と別れた光源氏、若紫が藤壺に似ていると呟きます。
光源氏にとって、藤壺は一生忘れられない存在なのでしょうね。

 光源氏が北山から戻り、全快したと藤壺に伝える侍女。
藤壺は、光源氏の為に夜中、誰にも気づかれぬよう森の奥の小さなお社へ
お参りに行っていたのでした。侍女はそのことを知っていて、藤壺の願い
が叶ったのだと嬉しそうです。shine

 その頃、光源氏は夜桜見物をしていました。
寄る所があるからと、惟光と別れた光源氏。同じ頃、藤壺は森の奥のお社に
お礼参りに出かけていました。その帰り道、なんと藤壺は光源氏と出会って
しまいました。

 光源氏も驚いた様子で、手紙をもらい嬉しかったと話し、好きだと言って
しまったのです。けれど、心を閉じようと決め、その前に藤壺と思い出深い
この場所で決意を新たにしようと来たのでした。bearing

 蜂蜜のお礼を言って別れた光源氏ですが、再会したことで閉じようとして
いた心に動揺を与えてしまいました。
 それから何日かがたったある日、藤壺は実家に宿下がりをして戻って
いました。藤壺が、外に誰かの気配を感じて覗くとそこには光源氏がいたのです。
光源氏は御簾を超えて入って来てしまい、藤壺はどうにもなりませんでした。

 若紫が出たことで、新たな展開がありそうですね。

« みなみけ~おかえり~ 第6話「流してほしい」感想 | トップページ | 続夏目友人帳 第6話「少女の陣」感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/44077236

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏物語千年紀Genji 第4話「藤壺」感想:

» 源氏物語千年記 Genji #4 [日々の記録]
夕顔を失ったショックで病の床に就いた光源氏。そんな彼の元に見舞いの品が次々と届けられました。その中には、いまだに恋い慕う藤壺からのものもありました。凄腕のナンパ師・光源氏...... [続きを読む]

« みなみけ~おかえり~ 第6話「流してほしい」感想 | トップページ | 続夏目友人帳 第6話「少女の陣」感想 »