当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« きらりん☆レボリューションSTAGE3 第145話「ラッキー☆魔法の仮面にご用心?」感想 | トップページ | 獣の奏者エリン 第4話「霧の中の秘密」感想 »

2009年2月 6日 (金)

獣の奏者エリン 第3話「闘う獣」感想

 ルルがかわいいですね。happy01耳膜を切られてしまったのはかわいそう
でした。
いつか、エリンの望むような闘蛇と共に暮らせる日が来るといい
ですよね。

 エリンの住むアケ村で闘蛇の教練が行われることになりました。
アケ村では、その準備に大忙しです。なんと、王都から偉い人が見学に来る
ことになり、その人を迎えるための準備もしなくてはならないからでした。wobbly

 エリンは赤ちゃん闘蛇にルルと名前をつけて可愛がっていました。
赤ちゃん闘蛇におとなし笛が聞かないのは、闘蛇が生まれつき持つ耳膜
があって音を遮ってるからと、ソヨンはエリンに話します。

 ソヨンの話では、普通は成獣になる前に切ってしまうのだとか。bearing
ソヨンの話に驚いたエリン、そんなの嫌だと言いますが掟は守らなくては
この村で生きていけないとソヨンは話します。
 闘蛇が笛の音を聞くとおとなしくなるのは、耳膜を切りとられていた
からだったのですね。
そう言われると、大人の闘蛇には丸く穴があいています。
あれは、意図的に切ったものとは驚きました。coldsweats02

 その頃、大公の城では真王の親族ダミヤが来ていました。
大公は、ダミヤに二人の息子を紹介。兄のシュナンは、自ら真王に挨拶に
行きたいと申し出ます。どうやら、大公も優秀なシュナンを自慢にしている
様子。何だか、ヌガンが気の毒ですね。sadすると、ダミヤはヌガンも教練で
シュナン同様闘蛇に乗せてみては?と提案します。

 ダミヤ、何か企んでいるような気がして仕方ないのですがヌガンは
大丈夫でしょうか。

「そなたの兄は聡明な少年だ、しかしそなたにはそれに勝る天賦の才と清廉な
志がある。かつてこの国の危機を救った最初の大公ヤマン・ハセルのように」

夜、ひとり練習をしていたヌガンにこう言って去ったダミヤ。
 ダミヤの本心はどこに?やっぱり、侮れない人物な気がします。wobbly
ダミヤやヌガンたちも、いずれエリンと関わることになるのでしょうか。

 翌日、教練が行われる日です。
エリンは、教練は見に行けないので森で特慈水の材料集めに張り切ります。

 アケ村に来た、ダミヤと大公。
ダミヤは闘蛇臭いのは苦手だと、香水を吹きつけています。
 教練の音は森にも聞こえ、エリン、サジュ、チョクは見に行きました。
ドラの音に合わせて次々と闘蛇が飛び出し、隊列を作るのは凄いです。coldsweats02
その様子を見ていたエリンは、かわいそうと呟きます。

 教練は大成功で終わったかのように思われました。ところが、1頭の闘蛇
が暴れ出し、騒ぎになります。ソヨンが飛び出し、あの闘蛇の耳あてを
開けるように言うとシュナンとヌガンが慌てて闘蛇に飛び乗り、暴れた闘蛇
の耳あてを開けあっと言う間におとなし笛で眠らせることができました。coldsweats02
 しかし、この闘蛇を村へ運びこむことになります。傷ついた闘蛇の回復には
時間がかかり、他の闘蛇も育てる必要がある為闘蛇の今後が課題に。
ワダンの提案でルルの耳膜を切り落とし、早く一人前に育てることになって
しまいます。shock

 ルルの耳膜が切られることになったとエリンに話すソヨン、ショックを
受けるエリンに人に飼われた闘蛇は他の生き物のようには生きられない、
いずれ耳膜を切られて戦場に送られるのだ
と言います。sad
 ルルが耳膜を切られる場面はかわいそうで、嫌がって泣く姿がまた見て
いて辛くなりました。
「どうして、闘蛇は闘うの?あれが本当の姿なの?私、闘蛇の言葉が知りたい。
そうしたら闘蛇の気持ちがわかるもの。」

エリンの言葉はソヨンが一番、わかっていたことでしょう。でも、村の掟が
ある限りそれに従わなくては生きていけない。bearing
 エリンの気持ち、よくわかります。エリンが大人になる頃には村も
かわっているといいですね。

« きらりん☆レボリューションSTAGE3 第145話「ラッキー☆魔法の仮面にご用心?」感想 | トップページ | 獣の奏者エリン 第4話「霧の中の秘密」感想 »

獣の奏者エリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/43973277

この記事へのトラックバック一覧です: 獣の奏者エリン 第3話「闘う獣」感想:

« きらりん☆レボリューションSTAGE3 第145話「ラッキー☆魔法の仮面にご用心?」感想 | トップページ | 獣の奏者エリン 第4話「霧の中の秘密」感想 »