当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« みなみけ~おかえり~ 第12話「あったかい所」感想 | トップページ | スキップ・ビート! 第24話「そのコンタクトは許される」感想 »

2009年3月30日 (月)

きらりん☆レボリューションSTAGE3 第153話(最終回)「きらりん☆アイドルレボリューション」感想

 始まった時は、まさか3年も続くとは予想してなかったこの作品。shine
2年、3年と快進撃を続けたきらレボ、とうとう最終回の時が来てしまいました。

 もう来週から金曜6時にきらレボを録画することもないのかと思うと、
残念で仕方ないですが始まりがあればいつかは終わるのですよね。sad
最終回見ながら、この3年間のきらレボが思い出されて感無量でした。
でも、途中以前にやった1年目の映像に今の宙人の声をあてると言うとんでも
ないことを、またやって驚かせてくれました。
shock絵だけで十分なのにな。
(3年目から見た方もいるかもしれないので、念のため書きますと1、2年
目の宙人と星司の声は、陶山章央さんと保志総一朗さんでした。
shine

 最終回だけあって、オープニングなしの特別バージョン。
 きらりの第2ステージ棄権にショックを受けるのえるとこべに。bearing
しかし、驚く二人に宙人はきらりが何の理由もなしに棄権するはずがなく、
MilkyWayの絆が本物ならなぜきらりが棄権したのかわかるだろうと忠告。

 きらり、のえる、こべには3人で仲良くきらりの家に泊まります。
ファーストライブのDVDを見て、懐かしく思うきらりたち。
のえるとこべには、きらりが第2ステージを棄権したのは逃げたのではなく、
ファンに最高の笑顔を届けられなかったからだと気づき、謝ります。sad

 MilkyWayを大切に思っているからこそ、本気の笑顔を届けられない
のに舞台に立つのはファンにもエリナにも悪いと思ったからときらりは棄権
した理由を話すのでした。

 きらりがいたからのえるもこべにも、頑張れた。
友達と競い合うのも悪くないと言う、のえる。きらりは、ある相談をします。
それは、のえるとこべにも同じでした。
 村西事務所で緊急会見を開くMilkyWay。wobbly
「私たちは、次のステップを目指すために別々の道を歩いて行かなくちゃ
いけない時が来たんだって気づきました。
私、月島きらりは、」

「雪野のえるは、」
「花咲こべには、」
「MilkyWayを卒業します!!」
ファンのみんなに最高の笑顔を届けたい、何よりもアイドルとしてもっと
成長するためにきらりたちは、MilkyWayを卒業することを決めたのです。

 ダイヤモンドアイドルクイーンの最終ステージ直前での突然の卒業宣言。shock
寂しそうな村西社長でしたが、3人ともいつの間にか成長していたと感慨深く
雲井さんと話します。
 これで本当にライバルになった3人、最終ステージに向けて頑張ろうと誓います。

 宙人から呼び出されたきらりは、指定の場所に行きます。
すると窓のところに宙人がいてきらりに声をかけますが、なんと窓から転落して
きらりの上に落ちてしまいました。

 何かどこか見た光景と思ったら、1話できらりと宙人が初めて会った場面
ですよ!
でも、あの時の宙人は陶山さんだったのに、またしても声を変えて
放送と言う信じられないことをしてくれました。shock何も音声入れる必要ないのに。
今回は、最終回とあって驚いたけどこれできらレボが終わってしまうと言う思い
の方が強かったです。bearing

 デビューから今までたくさんの笑顔に支えられてきたきらり。
笑顔が笑顔を呼び、さらに広がって…。レボリューションだときらりは言います。

 ついに最終ステージの日、アイドルクイーンはちゃんと取れとエリナが
やって来ます。エリナ、アイドルと言うよりはお笑い担当になってしまって
いましたが、苦労している分アイドルがどういうものかわかっているのはこの
エリナだって気がします。きらりには、ふぶきとかあおいとか何人もライバルが
いますが、真のライバルはエリナなのではないでしょうか。think

 最終ステージ開始、のえるがトップバッターで歌います。
続いてこべにも歌います。ところが、きらりの出番になった時停電になってしまい
ました。coldsweats02このハプニングをどう乗り切るのかと思ったら、そこはきらり。
そのまま、歌い出して途中で電気がつくとまるで演出のようなステージに。
 この時、映った客席にはこれまで登場した人たちがいて感無量でした。shine
カマさん、エリナ、持田くん(後ろの牛は凄い迫力で笑ってしまいました。)、
ふぶきにいずみ。よく見たら、東山社長や黒木も!ひかると嵐がいたのは
嬉しかったです。happy01

 きらりの素晴らしいステージにアンコールが起こり、MilkyWay
として最後のステージを歌います。
 ここでは、クラウディ、あおいに、きらりの母親とすばるもいました。shine

「これからももっともっと、レボリューションを起こして行くよ!」
きらりの宣言とともに、エンディング。
 エンディングは、1、2年目のオープニングのメドレーnoteでした。
恋☆カナを聴いて、すべてはここから始まったと感慨深かったです。happy02
 肝心のダイヤモンドアイドルクイーンはどうなった?と思ったら、最後に
きらりがアイドルクイーンのティアラをつけた写真が映っていました。

「これからも、アイドル一番星目指して頑張ります」
これにて、全153話が完結。
出演者、スタッフの皆さん3年間、お疲れ様でした。bearing
3年目については最初はがっかりさせられましたが、最近ではポリゴンにも
慣れて楽しく見ていました。ありがとうございました。

 アニメは終わっても、まだまだ漫画は続くようですし、このブログでも
引き続き応援していきます。shine

« みなみけ~おかえり~ 第12話「あったかい所」感想 | トップページ | スキップ・ビート! 第24話「そのコンタクトは許される」感想 »

きらりん☆レボリューション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/44507390

この記事へのトラックバック一覧です: きらりん☆レボリューションSTAGE3 第153話(最終回)「きらりん☆アイドルレボリューション」感想:

» きらりん☆レボリューション 最終回 「きらりん☆アイドルレボリューション」 [三十路男の失敗日記]
今回で「きらレボ」は終わります。 3年間戦い続けた、きらりさんの勇退の日です。 各方面に疑問を投げかけつつ、最終回スタート。    お歌なしの特殊OPです。 寂しげなきらりさんが印象的です。鬼神のごとく戦ってきた彼女にも 思うところがあるのでしょう。    帰宅してみると、のえる姐さんが。 3人揃って、まるで最後の晩餐です。    悪乗りしたのえるさん、こべにさんは、きらりさんに くすぐり攻撃。エロスです。 お泊り会で相談の結果、    3人が出した結論は「解散」。 「卒業」と... [続きを読む]

» ■きらりん☆レボリューション STAGE3 第153話「きらりん☆アイドルレボリューション」 [ゆかねカムパニー2]
 いよいよ最終回です。  OPは無しの、いつもとは違ったスタートが、それをひしひしと感じさせてくれちゃいます。  サブタイトルも、一回りして、1話準拠になりまし [続きを読む]

» きらりん☆レボリューションSTAGE3 第153話(最終回)「きらりん☆アイドルレボリューション」 [穴にハマったアリスたち]
今から3年前。 堅牢凶悪な敵陣に、その娘はたった一人で放り込まれました。 援軍はなし。ろくな武器もなく、補給物資もすぐに断たれ…。 次々と現れる敵軍に取り囲まれ攻撃され、でもそれでも挫けずに。 難攻不落のはずの相手を撹乱し、落とした城砦は数知れず。 辛く苦しい日々でした。でも悔いはない。望まれた以上の仕事は成し遂げた。 ただほんの少しだけ。少しだけ疲れちゃった。 持てる力の全てを出し切り座り込む彼女の耳に、遠くからやってくる追っ手の足音が響く。  たったったったった…。チェインジ、ビートアッ… ... [続きを読む]

« みなみけ~おかえり~ 第12話「あったかい所」感想 | トップページ | スキップ・ビート! 第24話「そのコンタクトは許される」感想 »