当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 戦場のヴァルキュリア 第二章「コナユキソウの祈り」感想 | トップページ | Pandora Hearts 第4話「朝日影の場所」感想 »

2009年5月 3日 (日)

獣の奏者エリン 第15話「ふたりの過去」感想

 ジョウンは、昔王都最高学舎の教導師長だったのでした。
以前からジョウンの過去が気になっていましたが、今回息子の登場でそれが
判明しました。wobbly
 ジョウンの息子、エリンが気に入らないのか、養女にした後他家に嫁に出す
とはエリンの気持ちも聞かずになんてことを言いだすのでしょう。

 14歳になったエリンは、もう自分で種付け料が稼げるほどに成長して
たのです。エリンに、もっと楽して趣味の竪琴作りをするようにと言われるジョウン。
わずか4年で、エリンが随分成長したようで驚きました。shine
そんなエリンの生活も、ジョウンの息子が突然訪ねて来たことで変わろうと
していました。

 これまで、ジョウンの口から一度も家族の話が出たことがなかったので、
独身かあるいは事情があって実家と縁を切っているのだろうと思っていました。
まさか、息子がいたとは。しかも、息子の話からして奥さんもいる様子。coldsweats02
 ジョウンは、王都最高学舎の教導師長だったことが息子の話で判明します。
エリンも知らなかったジョウンの過去。真王への謀反の罪で失脚した高級官僚
が、何か関わっているらしくもう高等学舎に関与することはないと言われますが…。

考えさせてほしいと言うジョウン。wobbly

 エリンを気にしてジョウンが躊躇っていると思った息子は、母親を説得して
屋敷に引き取り、年ごろになったらどこかの家に嫁がせればよいと言いだします。
突然の話に困惑するエリンと、考えさせてほしいと話すジョウン。
 10日後に再び来ると言い、息子は帰って行きました。wobbly

 エリンに初めて自分の過去を話す、ジョウン。
ジョウンは、昔、王都の中でも裕福な家の者しか入れない学舎で教導師をしていた
のです。教えることが好きで教導師は天職だと思っていたジョウン。
その仕事ぶりが認められて40歳の時に、教導師長になりました。

 そんなある日ジョウンは、生徒のニイカナが経済的な理由から上の学舎へ進めず、
卒業試験を諦めていたことを知ります。一方で父親の力で不正をしていたサマン。
 卒業試験の問題を直前にかえたジョウン、当然ながら勉強していなかったサマン
の結果は散々なものでした。
ところが、父親に首席のニイカナに脅されたと話し、
それを信じた父親がサマンと一緒にジョウンの元へ現れたのです。

 皆、試験と言う壁を乗り越えて努力をしている。
サマンにそう諭すジョウンは、再試験を提案します。
 ところが、その晩サマンは自殺してしまったのでした。coldsweats02
サマンの父親は、ジョウンを非難して他の官僚たちも巻き込んで師長から外させて
ジョウンを学舎から追い出してしまいました。
 ジョウンは、すべてを忘れて蜂飼いとして生きて行こうと決めました。
しかし、エリンと出会い、何にでも好奇心を持つエリンを見て教育者としての情熱が
よみがえって来たのです。shine

 王獣探しに夢中なエリンに、ジョウンは古い学友に王獣の保護場カザルムで
王獣の医術師をしているエサルがいると話します。カザルムは役目を終えた王獣が
保護される場所です。

 これに興味を持ったエリン、カザルムに行けば獣の医術師になれるかと聞きます。
エリンは、この時初めてジョウンに母親が闘蛇の医術師だったと話しました。

「私は、母のような獣の医術師になりたいとずっと思っていたんです」
エリンは、真剣でした。できれば、ずっとジョウンと二人で暮らしていたい。
でも、それができないなら一人で生きて行きたい、王都でジョウンの養女
として暮らし結婚するのは嫌です
、エリンはそう言いきったのでした。
 エリンの決意にジョウンはエサルに手紙を書き、やって来た息子に託します。
エリンをカザルムへ連れて行った後に、息子の家に行くとジョウンは話しました。

 カザルムに入るには試験があります。ジョウンは、エリンと暮らせる残り少ない
時間で自分の知っているすべてを教えようと決めたのでした。shine

 エリンは、ジョウンの元を離れて新しい世界に飛び込んで行くようです。
エサルがどんな人かわかりませんが、エリンならどんな事にも立ち向かって行く
でしょう。ところで、エリンがカザルムへ行ったら、ヌックとモックはどうする
のでしょうか!?coldsweats01

参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

« 戦場のヴァルキュリア 第二章「コナユキソウの祈り」感想 | トップページ | Pandora Hearts 第4話「朝日影の場所」感想 »

獣の奏者エリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/44883367

この記事へのトラックバック一覧です: 獣の奏者エリン 第15話「ふたりの過去」感想:

» 獣の奏者エリン 第15話「ふたりの過去」 [のらりんクロッキー]
ジョウンとの別れを決意、、新たな旅立ちへの序章といった感じの今回のお話。 ジョウンの息子、アサンが訪ねて来たことがきっかけで大きく話が動き出しました。 お互いこれまで自分の過去は話さなかったエリンとジョウン。 全てを話した上でのエリンの決断。 自分の目標である... [続きを読む]

» 遂に家族と別れる碧眼の臥竜 [休羽捫虱帳]
獣の奏者エリン 第15話 葛亮、伯父の玄と別れエリン、ジョウンから離れる [続きを読む]

« 戦場のヴァルキュリア 第二章「コナユキソウの祈り」感想 | トップページ | Pandora Hearts 第4話「朝日影の場所」感想 »