当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 狼と香辛料Ⅱ 第7話「狼と戯れの日々」感想 | トップページ | 極上!!めちゃモテ委員長 第17話「夏の海は大荒れ、恋する乙女心も荒れ荒れですわっ!」感想 »

2009年8月26日 (水)

フレッシュプリキュア! 第28話「大切な記憶!おじいちゃんとの思い出!!」感想

 ラブの名付け親は、畳職人のおじいちゃんでした。
昔気質な人なのかと思ったら、愛ではなくラブと英語でつけてしまうとは、
意外とグローバルなおじいちゃんでびっくりです。wobbly

 ラブの父親が、婿養子だったのも驚きました
サラリーマンだから無理に継がせるのは気の毒と語っていたおじいちゃん。
と言うことは、ラブのママは一人っ子なのですね。

 ラブは、せつなに商店街を案内して歩きます。
その途中出会った、蕎麦屋の出前の人からラブは小さい時、よく亡くなった祖父と
一緒にいたと言う話を聞きます。
 せつなは、ラブの家もお店をしているのかと尋ねますが、
ラブは昔は畳屋だったけど今はお店ではないと話すのでした。

 畳を知らなかったせつなに、ラブは家に帰り部屋のベッドを見せてこれが畳だよ
と説明します。ラブのベッドって、そういえば畳ベッドでした。coldsweats01
おじいちゃんが作ってくれたのだと話す、ラブ。
 畳ベッド、夏は涼しくて良さそうです。

 その頃のラビリンス。
知能派のサウラー、雑誌で夏の思い出を写真に残そうと出ているのを見て、
何か思いついたようです。wobbly

 ラブとせつなは、町の写真館に行っておじいちゃんと一緒に撮った家族写真が
飾られているのを見つけます。
 ラブがまだ4歳の時の写真でした。
「おじいちゃんって、どんな人?」
せつなは、ラブに聞きますがラブは思い出すことができません。sad
 おじいちゃんのことをほとんど覚えていないと気にするラブに、
美希とブッキーは4歳の時のことだし覚えていなくても仕方がないと言います。
しかし、ラブは何か大事なものを忘れているような気がしてならないのでした。

 同じ頃、写真館を訪ねたサウラー。
店にあった思い出が詰まったカメラを、ナケワメーケにかえてしまいました。
 
 ナケワメーケとなったカメラは、町へ飛び出して行きました。
ナケワメーケに気づいたラブたち、急いでプリキュアに変身!!
ところが、このナケワメーケは予想以上に動きが早く、なかなか止まりません。
やっと、止まったとピーチが飛び出した時、なんとフラッシュが入って
ラブは10年前の世界に飛ばされてしまいました。shock

 ラブは、自分が4歳の姿になっていることに気づき、大好きなおじいちゃんと
再会します。

 一方、元の世界ではピーチは眠ってしまっていました。
みんながいくら呼びかけても、起きる気配がないピーチ。bearing
そこに、サウラーが現れ、ピーチは一番戻りたい思い出の中にいて、
二度と目覚めることはないと言うのでした。

 プリキュアさえ眠らせれば、いくらでもFUKOは集められる!shock
サウラーは、やはりウエスターとは違って難敵でした。
 そこに駆けつけたタルトとシフォン、ピーチの一大事にシフォンが能力発揮です。

 ベリー、パイン、パッションは、ナケワメーケと戦いますが、苦戦しています。
思い出の中でおじいちゃんと過ごすラブ、おじいちゃんがその時見たのは、
ラブを呼ぶシフォンの姿でした。
 10年前の記憶の中で、まるでテレパシーのように戦うプリキュアとシフォン
が映し出されていました。coldsweats02あれも、シフォンの能力のひとつみたいですが、
他にもまだ明かされていない力がありそうです。

 4歳のラブは、おじいちゃんに畳職人になる!と言いますが、
おじいちゃんはダメだと言うのでした。
 おじいちゃんは、度々見たシフォンの映像でラブが未来の世界から来たのだと
気づいたのです。wobbly
「おまえの世界へ帰るんだ。
おまえには、帰るべき場所がある。そこでやらなきゃならないことが
あるんじゃないのかい?」

おじいちゃんの言葉で、ラブは映し出されたナケワメーケと戦うプリキュアの姿
を見ます。

 ナケワメーケに苦戦するプリキュアは、もう限界でした。
それでも、ラブが帰って来た時商店街が壊れていたら悲しむと、立ち上がるパッション。
 もうピーチは目覚めることはないと言うサウラーに、
「帰って来るわ!」
「絶対に!」
「私、信じてる!!」
「ラブは必ず帰って来る!!」

とパッションもベリーもパインも、ピーチが目覚めるのを待ち望んでいます。shine

 その映像をおじいちゃんと見ているラブですが、
「おじいちゃんの為に、何か喜んでもらえることをしてあげたい」
とずっと思っていたことを思い出したのでした。sad
「おまえがわしの孫として、生まれて来てくれた。
それだけで十分だよ。
わしが愛情を込めて畳を作って来たように、
おまえにも愛情を持って将来何かを成し遂げる子になってほしい。
そういう願いを込めてラブって名付けたんだ」

ラブの名前は、おじいちゃんが愛情を込めて名付けたのでした。shine
英語なのは、愛よりラブの方がもっと広い世界で通用するだろうと思ったから
 映像では、ラブを呼ぶみんなの声が聞こえて来ます。
14歳の姿になったラブは、おじいちゃんに別れを告げて元の世界に戻ったのでした。happy01

 パッションたちが、今にも思い出の中に飛ばされようとしていた時、
ピーチが戻りあっという間にみんなを救います。

 何度も同じ手は通用しない!!
ピーチたちプリキュアの活躍で、ナケワメーケは倒されます。
「苦い思い出になってしまった」
と言い残して、サウラーは去って行きました。

 おじいちゃんは、きっと天国からラブの活躍を見守っていますよね。happy01

 次回は、まさかのカオルちゃんメイン回、これは見逃せません!?

 

参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

« 狼と香辛料Ⅱ 第7話「狼と戯れの日々」感想 | トップページ | 極上!!めちゃモテ委員長 第17話「夏の海は大荒れ、恋する乙女心も荒れ荒れですわっ!」感想 »

プリキュア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/46031397

この記事へのトラックバック一覧です: フレッシュプリキュア! 第28話「大切な記憶!おじいちゃんとの思い出!!」感想:

» フレッシュプリキュア! #28 [日々の記録]
ナケワメーケの攻撃で、ラブが思い出の世界に閉じこめられてしまうお話でした。ラブはクローバータウンストリートを、せつなに案内してあげています。商店街のみんなと、ラブは本当に...... [続きを読む]

» フレッシュプリキュア! 第28話 「大切な記憶!おじいちゃんとの思い出!!」 [三十路男の失敗日記]
今日はコミケです。 あんまりこのブログを見てる人もおられないと思いますが、一応 垂れ流してみる。 ある意味コミケでは、本編以上の「ご活躍」をされてるであろうプリキュアさん。 まぁ頑張ってください。 今週は、桃園さんの畳ベッドの秘密が明らかに。    桃園さんが4歳の時に他界したおじいさんは、頑固一徹・畳職人だった。 桃園さんのベッドの畳も、おじいさん特製らしいです。 よくわかりませんが、健康に良さそう。 桃園父は婿養子で、無理に畳職人にはしなかったおじいさん。 クローバータウンストリート... [続きを読む]

» ハレルヤ〜チャンス!(Fプリ28話) [球心庵・秒殺フリートーク場]
ラブ「あたしは、あんなに大好きだったおじいちゃんに何も恩返し出来なかった…。だから、思い出そうとしなかったんだ…」 妖精「時間には限りがある。有効に使うか無駄に使うかは自分次第」  そして最愛の人は、失った時に初めてわかる。そんな後悔を覆す奇跡の言葉、それは…? 今回Fキュアは、そんなお話? ↑妖精(三上博史)の言葉で訪れた、過去をやり直せるチャンス!  商店街の中に何故か一軒だけある一般家屋、それが桃園家。実はかつて畳屋でした。  しかし畳屋は、ラブの祖父が他界した時... [続きを読む]

« 狼と香辛料Ⅱ 第7話「狼と戯れの日々」感想 | トップページ | 極上!!めちゃモテ委員長 第17話「夏の海は大荒れ、恋する乙女心も荒れ荒れですわっ!」感想 »