当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 宙のまにまに 第5話「言葉の星」感想 | トップページ | 明日からお盆休み。 »

2009年8月11日 (火)

大正野球娘。 第6話「球は広野を飛び回る」感想

 アンナ先生から基礎練習を終えて、次の段階にと話を聞く小梅たち。shine
ところが、肝心のアンナ先生は家庭の事情で長崎に行かなければならなくなって
しまいました。shock
 驚く小梅たちに、実践に勝る練習はない!と野球部のある学校が書かれた手帳
を残したアンナ先生。片っ端から試合を申し入れてみることにしました。happy01
 
 ところが、申し込んだ学校全てから断りの手紙が届いてしまいました。
まさか、全滅とはびっくりです。coldsweats02
 でも、対戦相手がいなければ試合になりません。
何とかして探そうと決意する櫻花會。小梅は、帰り道で空地で野球をして、
窓ガラスを割って怒鳴られている小学生の男の子たちを見かけます。

 野球ができる空地を探す小学生の野球チームの子たち。
その様子を見ていた小梅、思いきってその子供たちに声をかけます。
「野球する場所を探しているの?
貸してあげようか、場所。とっても広い場所で、思いっきり野球ができるわよ。
そして、相手をしてくれるのは櫻花會のお姉さんたちでーす!」

と小梅。もう小学生たちと試合をする所まで話が進んでいました。wobbly

 小梅が連れて来た対戦相手が小学生で、驚く晶子たち。
でも、ここで断ったら手紙で断って来た人たちと同じになってしまうと判断し、
小学生チームと試合をすることになりました。

 ところが、この小学生チーム、予想外に強かったのでした。
小梅たちの櫻花會は、あっという間に負けてしまいます。
意気揚揚と帰って行く、小学生チーム。wobbly
 そんな中、冷静に何やらメモをとる乃枝。
一体、何を書いているのでしょうか。

 翌日、書きとったメモを元に今後の対策を練って来た乃枝。
対策その1、試合中は声をかけあい、指示を出しましょう。
対策その2、胡蝶は左打席に。
対策その3、晶子の制球力の強化。
対策その4、巴は大振り禁止!!
対策その5、ピッチャーとキャッチャーは一心同体、夫婦のようなもの。
その為に、晶子と小梅はできるだけ心を通いあわせ、真の夫婦になるよう
努力を!

 巴のホームラン禁止は、気の毒だけど仕方ないかな。coldsweats01
野球は、全く詳しくないですがヒットも結構打つのは大変なのでは?
でも、ただバットを振るだけではホームランは難しい気がします。sweat01
 それよりも、晶子と小梅は確かに意思の疎通がうまくいってないみたいでした。
バッテリーでしたっけ。ピッチャーとキャッチャーの関係も重要です。bearing

 再び、小学生チームと試合をする櫻花會。
乃枝の対策が功を奏して、試合は上手くいっているかに見えました。shine
ところが、疲れが出て来たのか投球が乱れ始めた晶子。
小梅は、心配しますが晶子は小梅のアドバイスを聞かずに投げ、
結局打たれて小学生チームが勝利、櫻花會は負けたのでした。

「夫婦なら一緒に住んでみるのはどうだ?」
小梅と晶子のバッテリーが上手くいっていないのを気にした乃枝たち、
環の一言で小梅と晶子が新婚生活に!?wobbly
「あなたたちは、可及的速やかに新婚生活に突入すること。
そして、必ず心を通わせなさい!」

と乃枝に言われ、あ然とする二人ですが小梅の家に晶子が泊まることになりました。

 小梅の家に晶子が到着した頃、巴と静の部屋では小梅と晶子のことでショック
を受けた巴が泣いてふさぎ込んでいました。
「もう諦めなさいよ。あの二人は、野球を仲人に結婚したんですから。」
静の言葉に、巴はさらにショックを受けてしまいました。sweat02

 一方、晶子は店で働く小梅と三郎の様子を見て、夫婦にヒントを貰ったようでした。
次の試合の日。小梅は、晶子に次々サインを送ります。
そこに、アンナ先生が帰って来ました。小学生と試合をしているのを見て、
驚きます。
 試合は、巴が禁止の大振りをした為に空振りで負けてしまったようでした。sweat02

 ところが、家に帰った小梅を待っていたのは本当の新婚生活!?
なんと、父親から店で働く三郎の許嫁になれと言われてしまったのでした。coldsweats02
三郎は、先に聞いていて小梅を見たとたん照れて、皿の受け渡しがうまくいきません。
あれで、大丈夫なのでしょうか!?いや、それよりも本当に結婚するのsign02小梅。

参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

« 宙のまにまに 第5話「言葉の星」感想 | トップページ | 明日からお盆休み。 »

大正野球娘。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/45901803

この記事へのトラックバック一覧です: 大正野球娘。 第6話「球は広野を飛び回る」感想:

» 大正野球娘。 第6話「球は広野を飛び回る」 [のらりんクロッキー]
今期はJCSTAFF製作のアニメばかり見ている気がするなあ… 木金に集中してました(^_^;) とりあえず基礎練の段階をクリアした小梅たち。 ようやく本格的に野球の練習…と思ったら、 アンナ先生が所要で長崎へ。 先生不在の間、実戦練習を命じられますが… 全部断られてしま... [続きを読む]

» ◎大正野球娘。第6話「球は広野を飛び回る」 [ぺろぺろキャンディー]
基礎練習も終わりいよいよ次の段階に。しかし、アンナ先生が帰郷するため、練習試合をすることをすすめる。でも、どこに手紙をだしても断られる。コウメさんは、近所の子供が野球してるのをみかける。そして、小学生と練習試合をする。作戦参謀のノエさんは硬球を見せて小...... [続きを読む]

« 宙のまにまに 第5話「言葉の星」感想 | トップページ | 明日からお盆休み。 »