当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 狼と香辛料Ⅱ 第4話「狼と浅知恵の末路」感想 | トップページ | Pandora Hearts 第18話「とある従者の死について」感想 »

2009年8月 5日 (水)

大正野球娘。 第5話「花や蝶やと駆ける日々」感想

 一人減って、8人になってしまった櫻花會。
新たに胡蝶が入り、9人揃いました。shine
 でも、小梅が毎日疲れて帰って来るのを両親が不審に思い始めましたね。
何かの話を進めなければと言ってましたが、もしかして縁談!?shock

 呉服屋をしている雪の家。蔵にあった野球のユニフォームを持って来て
くれたのです。やっと、ユニフォームが揃い、野球をする準備が整いました。
今までの袴では、動きにくそうでしたからねえ。coldsweats01

 ところが、人数が一人減ってしまった為、9人揃うまでは基礎トレーニング
だと走りの特訓をする小梅たち。
 でも、みんなすぐにバテてしまい、これでは9人揃う前に死んでしまうと何とか
しなくてはと言うことになりました。sweat01
 
 どうやったら、新しいメンバーを見つけられるかと相談し合う小梅たちは、
乃枝の提案で足の速い人を探すことになりました。
 手分けして探す小梅たち、乃枝は情報通に聞いてみようと記子を訪ねます。
新聞部に来た小梅たちを見た記子、顔を見るなりかけもちは無理だと拒否反応。
あの状況では小梅たちが、戻ってほしいと言いに来たと勘違いしても無理ないです。sweat02
でも、本当に記子のことは諦めてしまったみたいです。

 小梅たちは、記子から足の速い人を探しているなら陸上部に行けばいいと言われて早速様子を見に行きます。happy01
 
 ちょうど、二人の部員が100メートル走のタイムをはかるところでした。
走る二人の様子を見る小梅たち、乃枝の判断で2着にゴールした胡蝶に声をかけます。1着で足の速い子ではなく、2着になった子を選んだのにはどんな理由があるのでしょうか!?

 ところが、声をかけられた胡蝶は、誘いを断って陸上部に戻ってしまいました。
「私たちが速くなれば、あとの一人は普通でもいいんじゃない?」
と言う結論に達した、小梅たちは足が速くなるにはどうすればいいかを考えます。
 家に帰った小梅、運動会の練習と誤魔化して両親に相談してみます。
父親の助言で、それなら専門家に聞いてみたらどうか?と言うことになり、
小梅はリヤカーを引く人に聞いてみます。coldsweats02

 専門家って、誰かと思ったらリヤカー引きってのは思いつきませんでした。
大正時代らしいですが、リヤカーを引いていたらいつの間にか速くなっていたとの
説明は納得してしまいました。

 ところが、小梅はどこから調達したのか2台のリヤカーを用意して、
早速走り込みの練習開始です。よくタイヤを引いて練習ってのは、マンガで見ますがそれの大正版と思えばいいのでしょうか!?coldsweats01
 しかし、競争を始めた巴と環、気合いが入りすぎて練習中の合唱部に突っ込んでしまい、先生に怒られてしまいました。bearing

 結局、アンナ先生の基礎トレーニングになって、小梅たちはヘトヘトです。
やっぱり、足の速い人に入ってもらうしかないと言う話になりました。
 その日も、疲れ切って帰った小梅ですが、両親が怪しみ始めます。
父親にとっては、この間の高原と岩崎の訪問が気になっていたのでした。shock
早いところ、例の話をした方がいいかもしれないと相談し合う両親。
両親が言う例の話って、何でしょう!?気になってしまいます。

 翌日、乃枝たちは、以前声をかけた陸上部の胡蝶を再び訪ねます。
胡蝶に、盗塁の練習を頼み、走る様子を見てみます。dash
やはり、走るのが速いと判断した乃枝、胡蝶は野球向きの速さなのだと説明します。
しかし、胡蝶は自信がないのか走り去ってしまいました。
 けれど、アンナ先生の授業で生きている限り、何かのドアが開かれているとの話を聞いた胡蝶。陸上部を辞めて、櫻花會に入ることを決意しました。shine

 やっと、9人揃った櫻花會。
ところが、アンナ先生はこれまでの練習を見て来て小梅たちは、まだ体力不足だと
当分の間基礎トレーニングをすると言うのでした。coldsweats01

 そのアンナ先生が、次回学校を辞めてしまう!?
櫻花會は、どうなるのでしょうか。

 

参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

« 狼と香辛料Ⅱ 第4話「狼と浅知恵の末路」感想 | トップページ | Pandora Hearts 第18話「とある従者の死について」感想 »

大正野球娘。」カテゴリの記事

コメント

9人目の新しく入った胡蝶ちゃんうちは1番好きかもです〜

それにしたら体力つけるためにでも走ってばっかりはやっぱりキツイですよね(泣)
胡蝶はある意味ブッキーに似てるかもですね!

リアカー体重関係で二人乗せて競争してましたね(笑 私そんなに体重重くないって言ってたのに…あっミルフィーユさんアニメとは言え女性の体重の事言ってしまったんで忘れてくださいね
小梅の親にはもう嘘がキツクなってますね…そこが心配ですね

ミラクルさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

胡蝶が、好きなのですね。
私は、やっぱり小梅かな。そう言えば、EDのCD買いましたが、
カップリング曲のタイトルが「セツナラブレター」で驚きました。
小梅からせつなへのラブレター!?
いや、全然違うでしょうが、今せつなと聞くとプリキュアしか思い浮かばない私って…。

リアカーは、驚きましたね。
お気づかい、ありがとうございます。
二人ずつ乗ってたら、車の重さも入れて結構ありそうな気がするのですがね。
それで、あのスピード出せるのは凄いです。

こんばんはミルフィーユさん
うちはEDよりOP派ですね〜*´∀`*
せつなラブレターですかでもプリキュアに話出てきても面白そうですね
せつなってそんなにアニメキャラいないと思いますよ〜リアルでもせつなって名前は少ないでしょうからね!
リアカー京都でならありそうかな?乗ってみたいですね〜

ミラクルさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

OPもいいですよね。
どちらも、好きですがOPの方が覚えやすいかな。
最初、晶子の中原さんは失礼ながらアニメで聴いた時、誰かわかりませんでした。
渚の声とも、(ミルモの)楓の声とも違う大人っぽい感じの声で、晶子を演じてますよね。
あんな声も出せるんだと、声優さんの凄さに感心しました。

この作品は、伊藤さんと中原さん、私の好きな方たちが共演してるので嬉しいです。
男性の出演が少ないのは、残念なのですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/45836783

この記事へのトラックバック一覧です: 大正野球娘。 第5話「花や蝶やと駆ける日々」感想:

» 大正野球娘。 第5話「花や蝶やと駆ける日々」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
宗谷雪は家で作ったものの販売されていない割烹着を無断で拝借して野球部のユニフォー [続きを読む]

» ■大正野球娘。 第5話「花や蝶やと駆ける日々」 [ゆかねカムパニー2]
 雪がユニフォームを調達して(勝手に持ち出して来て)、ようやく本格的に野球の練習をする雰囲気になりました。  ずっと制服のままっていうのは、さすがに落ち着きませ [続きを読む]

» 大正野球娘。 #5 [日々の記録]
記子が抜けてメンバーが足りなくなってしまった野球部は、新たなメンバーの獲得に向けて動き始めるのでした。これまではセーラー服や袴で練習していましたが、本格的に野球をするには...... [続きを読む]

» 本格的な野球娘誕生\(^o\)(/o^)/ユニフォームは地味すぎるけ... [シュージローのマイルーム2号店ミラー版]
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログ下にあ...... [続きを読む]

« 狼と香辛料Ⅱ 第4話「狼と浅知恵の末路」感想 | トップページ | Pandora Hearts 第18話「とある従者の死について」感想 »