当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« 獣の奏者エリン 第42話「セィミヤの涙」感想 | トップページ | 極上!!めちゃモテ委員長 第28話「ライバルはセクシー委員長ですわっ」感想 »

2009年12月19日 (土)

獣の奏者エリン 第43話「獣ノ医術師」感想

 王獣は音無し笛を吹いた者を決して、忘れることはないそうです。
たとえそれが幼獣の時でも、誰であっても…。bearing
 今まで、絶対に音無し笛は使わないと心に誓っていたエリンが、
音無し笛を使ってしまいました。shock
 エリンへのリランの信頼が、崩れてしまったのではないかとこれからが心配です。
予想もしていなかった展開に、あ然としました。
衝撃的すぎて、何が起きたのかとショックでした。wobbly
エリンの行動も驚きましたが、リランの変貌ぶりも凄かったですね。
御座船で闘蛇を襲った時のリランでしたよ、あれは…。

 前回、セィミヤにプロポーズしたシュナン。
プロポーズを断られたシュナンが、セィミヤに言ったタハイ・アゼで闘蛇軍と
待っているとの脅しのような言葉。それが、エリンとリランの運命を大きく変えよう
としていました。bearing

 授業中のエリンに、トムラが真王セィミヤの使者がリランを連れに来たと知らせに
来たのです。
 知らせを聞いて、リランの元に走るエリン。
しかし、王宮からの使者の方が一足早く放牧場についていました。
エサルも、王宮の使者では案内せざるをえないですよね。
遠くから気配を感じて向かって来るリランは警戒し、威嚇しています。
この時リラン、すでに普通の状態ではありませんでした。
威嚇して唸っていますが、以前ハルミヤが訪ねた時より強く警戒しています。wobbly

 そこに、走って来たエリン。
エリンに、リランとラザルへ来るように命じる使者。
エリンは、それをきっぱりと断ります。
 その時、王獣使いの一人が音無し笛を吹こうとしたのです。
「吹かないでください。お願いします!」
しかし、エリンが叫んだ時には、リランは王獣使いの一人を噛み殺してしまいました。shock
 一瞬で、あっと言う間の出来事でした。shock
音無し笛を見たリランは怒り狂い、王獣使いに襲いかかったのです。
他の王獣使いは驚き、逃げようとしますがリランは容赦なく襲いかかろうとしました。
「リラン!!やめてぇぇーーーーっ!!」
突然のことに、ショックを受けたエリンはリランを止めようと手をのばします。
けれど、興奮したリランにエリンの声は届きません。
 リランは、エリンの手を噛みちぎってしまったのです!!shock
衝撃はこれだけではありませんでした。
 襲いかかるリランに恐怖を感じたエリンは、
ついに音無し笛を吹いてしまいました。coldsweats02

 エリンにもリランにも、辛く悲しい出来事でした。
幼獣の頃から音無し笛で縛りたくないと、絶対に使わなかったエリン。
これまで、長い間エリンが築いてきたリランとの絆が失われてしまったのです。bearing
 目の前で硬直し、横たわるリランを見てエリンは涙を流して倒れるのでした。

 ベッドに運ばれて眠るエリンを見つめる、キリク。
キリクは、エリンを閉じ込めようとしているらしいですが、
エリンのラザル行きもダミヤがキリクに命じたことなのでしょうね。bearing

 目が覚めたエリンは、包帯が巻かれた片手を見てショックを受けます。
エリンの左手の指が3本、リランに噛みちぎられてなくなっていたのです。
 エリンが助けようとした王獣使いは助かったと話す、エサル。
あの王獣使いたちは、真王の誕生日の祝いでリランが幼獣の時音無し笛を吹いた男たちでした。coldsweats02
 リランが、執拗に王獣使いを襲ったのは自分を真王の前に連れて行き、
音無し笛を使った男たちと覚えていたからだったのですね。
幼獣とはいえ、その記憶力に恐れ入りました。

「音無し笛を吹いた人間に、王獣は決して慣れることはない。
リランはもう、音無し笛を使わないで静めることはできないかもしれない。
それでも、私はリランの世話を途中で投げ出したくない!
音無し笛を使っても、私はリランと一緒に行きます。」

エリンは、エサルに決意を語ります。
 エリンの言葉を聞いて、
「自分の思いにまっすぐなあなたの生き方、私は好きよ。」
エサルはそう言って、エリンに指がなくなった左手の為に手袋を渡すのでした。
 手袋を見て、涙を流すエリン。
エサルとエリンの会話は、改めてエリンの強い信念が伝わって来る良いシーンでした。shine

 その後、事件が起きてから初めてリランの所へ行くエリン。
エリンを見たリランは興奮して唸り、エリンに敵意をむき出しにします。
それでも、エリンが音無し笛を見せて唸るのをやめないと吹くわと言うと、
リランはおとなしく外に出ました。wobbly
 唸っていたリランがエリンの言葉で静かになり放牧場へ出て行ったのを見て、
まだエリンへの信頼の心は失われていなかったのだとわかって安心しました。shine

「私は、獣ノ医術師。獣を育て迷いながら、苦しみながら、獣とともに生きる。お母さんのように。」
エリンは、そう心に誓うのでした。happy01エリンって、教導師だと思ってましたがいつの間にか医術師にもなってたのですね。
 エリンとリランに、これからどんなことが待ち受けているのでしょうか!?

 間もなく、迎えの荷車が到着しました。
リラン、エク、アルは、眠り薬の入った肉が与えられて昏睡状態のうちに、
荷車に乗せられてラザルへ旅立って行きました。bearingもちろん、エリンも一緒に…。
カザルムからラザルへと、旅立つエリンをエサルとトムラが見送ります。
 ジョウンから託されて見守って来たエリンがどうなるのか、
きっとエサルも心配ですよね。sadカザルムから行く末を見続けると語るエサル。
これで、エサルとトムラの出番も終わってしまうのかと思うと残念です。sad
 キリクは、おそらくダミヤの命令と思われますがエリンと一緒にラザルへ移った
のですね。カザルムの人々は、最後までキリクを不審に思わなかったようです。

 次回からは、いよいよダミヤが本性を表すのでしょうか!?

 

 

参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

« 獣の奏者エリン 第42話「セィミヤの涙」感想 | トップページ | 極上!!めちゃモテ委員長 第28話「ライバルはセクシー委員長ですわっ」感想 »

獣の奏者エリン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/47056681

この記事へのトラックバック一覧です: 獣の奏者エリン 第43話「獣ノ医術師」感想:

« 獣の奏者エリン 第42話「セィミヤの涙」感想 | トップページ | 極上!!めちゃモテ委員長 第28話「ライバルはセクシー委員長ですわっ」感想 »