当ブログについて

  • ご訪問、ありがとうございます。管理人、ミルフィーユです。 コメント、トラックバック、相互リンク大歓迎です。リンクはフリーですが、どの記事でもコメントしてくださるとうれしいです。こちらからも貼らせていただきます。
  • 頂いたトラックバックは、お返ししていますが飛ばない場合もありますのでご了承ください。コメントは自由ですが、管理人が不快と判断した場合は削除させていただきます。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

ランキング参加中

  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 漫画ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
  • にほんブログ村 漫画ブログ 少女漫画へ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • blogram投票ボタン

Web拍手

ブログパーツ

管理人のもうひとつのブログ


-天気予報コム-
無料ブログはココログ

« ハートキャッチプリキュア! 第10話「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」感想 | トップページ | 夢色パティシエール 第26話「オジョー帝国の悪夢!」感想 »

2010年4月17日 (土)

夢色パティシエール 第25話「さよなら樫野」感想

 鮎川さんが、チーム小城のメンバーでした!
美夜に、いちごたちのチームの情報を流しているので怪しいとは思いましたけど。coldsweats01
勝って樫野を入れたいからと言って、やりすぎです。

 始まったチーム小城との対決。
課題はチョコレートケーキ、テーマはLOVE
いちごたちは、張り切ってザッハトルテ作りを始めます。shine
ところが、美夜たちのチームもザッハトルテを作ると言うのです。coldsweats02

 得意気に、いちごたちにデザイン画を見せる美夜。
そのデザインは、いちごが考えたものとほとんど同じです。
樫野は驚いて、美夜たちにデザインを見せたのかといちごに問い詰めます。
 その時、遅れて入って来た生徒にいちごは驚愕しました。
なんと、チーム小城の4人目のメンバーと紹介されたのは鮎川さんでした。shock
驚いたいちごは、鮎川さんにケーキのデザイン画やコンセプトを見せしゃべったことを樫野たちに話します。bearing
 いちご、またデザイン画を盗まれてしまいました。
樫野が怒るのもわかりますし、いちごは簡単に人を信じすぎです。sad

 ケーキグランプリどころではない状況になってしまいましたが、
中断されることなく対決は続けられることになりました。

 樫野は、美夜がテンパリングができるようになっているのを見て、
ショックを受けてしまいます。これも、レオンの力!?と落ち込む樫野。wobbly
そこに追い打ちをかけるように、樫野がテンパリングしていたチョコレート
の温度が高くなっていたのです。coldsweats02

 チョコレートには人一倍熱心な樫野が、テンパリングの温度調節に失敗して
しまいました。ところが、これもチーム小城の仕業でした。
「彼らの調理台めがけて、強い温風が吹き付けるようにしておきました。
チョコレートは、温度管理が重要ですから。」

そっと、美夜にささやく鮎川さん。shock
 鮎川さん、おとなしそうなのにそんなことまでしてたとは。

 真っ先に天井からチームいちごの調理台めがけて温風が吹いているのに
気づいたのは、精霊たちでした。
 バニラたちの知らせで、暖房が入っていると知ったいちごたち。
グランプリを客席で見ていたルミが、大急ぎで暖房を止めに行きます。
 アクシデントだと先生に対決の中止を求めるルミですが、
鮎川さんのパティシエールには状況によって判断したスイーツ作りの技術も必要の言葉に先生たちが納得してしまいました。coldsweats02

 いちごは、樫野のチョコレートに対する思いも愛の形だと話します。
樫野は仲間と力を合わせて作ることの大切に気づき、ザッハトルテ作りを再開します。shine

 美夜たちのザッハトルテが完成、いちごたちも急ぎます。
制限時間がいっぱいになり、調理終了。
 まずは、先に作り終えた美夜たちからケーキを紹介します。
美夜が言ったコンセプトは、いちごが考えたものと同じです。
続いていちごたちのケーキ。この時、突然レオンが立ち上がって、いちごたちの
ザッハトルテを食べたのです。shine
 一口食べて、ザッハトルテを褒めたレオン。wobbly
樫野に握手の手を差し出します。レオンの手をとり、握手をする樫野。
レオンは、そのまま会場を去ってしまいました。
本当に見学に来ただけだったのですね。審査に加わるのかと思ってたので、残念でした。coldsweats01

 いよいよ、審査結果発表です。
味と技術は、美夜たちは7点と6点、いちごたちのチームは9点と10点。
技術は、樫野のテンパリングの努力が認められて満点です。shine
次に、テーマと完成度が発表されます。
チーム美夜は、10点と9点。チームいちごは7点と5点。
合計して、美夜たちが32点、いちごたちが31点とチームいちごは負けて
しまいました。bearing
 負けてしまったチームいちごですが、まだ3位決定戦が残っています。

 ところが、約束だからと樫野は迎えに来た美夜たちと行ってしまったのでした。
樫野、本当にチーム小城に入ってしまうのでしょうか!?

 
 

参加しています。応援して頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

« ハートキャッチプリキュア! 第10話「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」感想 | トップページ | 夢色パティシエール 第26話「オジョー帝国の悪夢!」感想 »

夢色パティシエール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513842/48109593

この記事へのトラックバック一覧です: 夢色パティシエール 第25話「さよなら樫野」感想:

» 夢色パティシエール 第25話「さよなら樫野」 [のらりんクロッキー]
チームいちご、美夜の謀略に屈す! ダーティーなやり方とはいえ、勝利への執念は遥かにいちごちゃんたちを上回っていたチーム小城。 鮎川は元いぢわるガールズの本領発揮。よくあそこまでブラックに徹するもんだ… 彼女はいちごちゃんのスイーツ作りに対する姿勢そのものが気に... [続きを読む]

« ハートキャッチプリキュア! 第10話「最大のピンチ!ダークプリキュアが現れました!」感想 | トップページ | 夢色パティシエール 第26話「オジョー帝国の悪夢!」感想 »